PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

ディーラー同士で価格競争 燃料価格引下げに躍起

【燃料問題】
2011年7月27日 20:05
truck3_0725.jpg 運送業界にとって今一番の関心事の一つに燃料価格がある。燃料価格は高止まりの状況が続いており、震災後の荷動き悪化と相まって、業界にとっては厳しい経営状況を迫られている。しかし、燃料高を逆手に取って、運送会社各社に積極的に営業攻勢に出ている燃料ディーラーもあり、ディーラーを上手に「活用」することで、燃料コストを下げているところもある。
 

中小運送事業者に「自己責任」の壁 メリット多いバイオ燃料だが...

【燃料問題】
2011年7月22日 13:10
truck_0725.jpg 廃食油や廃材、藻などから精製される「バイオ燃料」。環境問題に取り組む企業が増えたこともあって、精製する動きが活発化している。環境にいいといわれるバイオ燃料だが、大手メーカーの利用は聞かれるものの、ほとんどが中小・零細企業の運送業界では「手を出しにくい」大きな壁があるようだ。
 

「不正軽油の温床」取引課税を問う 「蔵出し課税」なら公平

【燃料問題】
2011年7月 5日 21:08
kyuuyu_0704.jpg 「不正軽油の温床となっている取引課税を止めるべきだ」。燃料価格の高止まりに直面する運送現場から、こんな声が聞こえてくる。トラックの運行上、大きな経費となっている軽油が、軽油引取税の課税有無によって経営の土台が大きく違ってくる「イコールフッティング」が保てない状況に、拍車がかかっているためだ。そこで持ち出されるのが、製油所から出荷されるときに軽油に課税してしまおうという蔵出し課税化だ。ただ、法的には蔵出し課税は世情に逆行するとの立場もある。