PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

ジリジリと値上がり 軽油価格構成は税金も問題

【燃料問題】
2013年9月 9日 20:54
kakaku_0909.jpg 「急騰とまではいかず、燃料価格がジリジリと上がり続ける状況が大きな問題と捉えられていない」として、事業者の多くがいらだちを覚え始めている。原産国の地政学的要因や為替の変動などが燃料問題の根本にあるのは間違いないが、国内でも昨年10月に導入された温暖化対策税(環境税)や東日本大震災の復興財源として棚上げになった「特例税率」(旧・暫定税率)の適用停止、そして来年4月からの適用準備が着々と進行する消費税増税など、一筋縄でない状況もある。
 

燃料費、月10万円増 緊急措置熱望する鋼材輸送事業者

【燃料問題】
2013年9月 9日 20:50
 燃料価格が大幅な値上がりをしている。運送事業者にスタンド買いについて尋ねると、リッター120〜125円が中心で、中にはリッター130円に達する事業者もいる。大型トラックで関東への長距離輸送を行う大阪市の運送事業者では、「インタンクとカードでのスタンド買いをしているが、5円程度しか差額がない。大型で1か月8000キロ走行すると、燃費はリッター3キロ。リッター125円で計算すれば33万円を超える。運行すればするほど赤字で、現状の運賃や燃料価格では事業が成り立たない。ト協や政府に何らかの対策を行ってもらう必要がある」と悲痛な表情で語る。