PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

燃料販売会社の不安 「もしユーザーが倒産すれば...」

【燃料問題】
2014年6月19日 19:02
 昨秋から今年3月末まで、急激な仕事量の増加で物流は活発となっていた。しかし、4月に入ってからは大阪府内でも運送事業者の倒産が相次ぐなど、「景気回復は本物ではなく、一時的な荷動きとドライバー不足による繁忙」ととらえる運送事業者も多いようだ。また、燃料価格は上昇し現在、軽油価格もリッター当たり120円を超えて130円に近付いている。運送事業者だけでなく、燃料販売会社も、この異常な燃料価格の上昇に敏感になっているようだ。
 

燃料価格安定化へ 与党議員に要望書準備「無風状態を打開」

【燃料問題】
2014年6月16日 20:38
nenryou_0616.jpg 「我々が本来求めている燃料高騰対策が、様々な要因で覆い隠されてしまっている」と、軽油価格の続騰状況に疲弊するトラック事業者が話している。燃料価格を下げるために存在する法律が、別の状況がもたらした法律によって議論もなされないまま放置されたり、燃料価格を安定させるための金も仕組みも存在するのに、全く議論の端緒がないからだ。事業者らは政治的取り組みが不可欠として、今月中旬に与党議員らに渡す要望書を準備している。
 

運送業界の課題解決へ 「環境」の次は「軽油価格」

【燃料問題】
2014年6月12日 13:50
stand_0609.jpg 「環境問題」に積極的に取り組んできたトラック運送業界。6月から「ディーゼルクリーンキャンペーン」が全国でスタートしているが、国交省によると「昨年は2020台のディーゼル車を調査した結果、基準値を超えているものは6台」だった。また、硫黄分濃度分析器による燃料の調査は517台に対して実施された。不正軽油を使用していたのは全国で2台だったという。この数字は、トラック運送事業者がどれだけ環境問題に対して積極的に取り組んできたかを示している。
 

脱税軽油の利用再び 船舶、重機燃料、寒冷地用燃料販売も...

【燃料問題】
2014年6月 9日 19:11
 燃料価格の高騰が再び発生し、さらに今年4月からは消費増税で軽油価格もリッター当たり120円を超え、130円に達しようとするなど異常な価格帯になっている。そんな中で再び、脱税軽油を利用する運送事業者も増えているようだ。