PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

脱税軽油を併用「わかってはいるが...」正規の高騰厳しく

【燃料問題】
2014年7月30日 22:05
truck3_0728.jpg 運賃が上昇せず、燃料価格だけが異常な高騰を続けていることに落胆している運送事業者。軽油価格が1㍑130円に達している中で、いまだに110円台の燃料が出回っており、その軽油が脱税軽油と理解しながらも正規の軽油と併用して購入する事業者もいるようだ。
 

特定業者の摘発 業界からも「早く」の声

【燃料問題】
2014年7月17日 13:44
 「その販売業者の名前は県税の担当者からも聞いている」。近畿地方で軽油のインタンクを保有するトラック事業者は、別の県内に本社のある石油販売業者の名前を出した本紙記者の問いかけに対してそう答えた。このトラック事業者自身、軽油価格高騰に頭を悩ませる一人で、県税事務所の抜き取り調査には積極的に応じているという。数か月前の調査時、帰り際に担当者が「聞いたことがありませんか」と言いながら出したのが、本紙記者の出したものと同じ名前だった、という。
 

「行き場ない声」トリガー条項復活要望 要件そろうも及び腰

【燃料問題】
2014年7月 7日 22:05
stand_0707.jpg ガソリンや軽油にかかる旧暫定税率(特例税率)分の引き下げを法で明確にした「トリガー条項」。引き下げの発動要件である「3か月連続でレギュラー160円超え」の状況を6月末で迎えたにもかかわらず、「トリガー条項は凍結されている」といった現実に阻まれて、トラック運送事業者の声が響いてこない。かといって、危機感をベースに沸き起こる声はかき消されもせず、業界とその周辺をさまよっているのが現状だ。