PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

不正な燃料への対策 被害を防ぐ取り組み活発化

【燃料問題】
2015年4月17日 18:05
kyuuyu_0420.jpg 灯油などが混入された非正規の軽油が市場に流通していることを受けて、トラック運送や石油業界では被害に遭うことを未然に防ぐための取り組みが各所で見られる。だが、不正軽油を始めとした非正規品の流通量や、それをもとにした脱税額の全体像についてはほとんど調査もなく、業界と行政の取り組みは場当たり的にならざるを得ない状況にある。製油所から出荷される時点での課税など、税制そのものの改革を求める声はあるものの、小さいのが現状だ。
 

石油給油所でも「営業ナンバー」必要か 建設業も許可の取得へ

【燃料問題】
2015年4月 9日 17:57
truck3_0406.jpg 石油販売や建設業など、自社製品の販売による配送では運賃が発生しないため、自家用トラック(白ナンバー)でも何ら問題がないと思われていたが、最近では石油販売業や建設業でも、大手ゼネコンが請け負う大手石油給油所や建設現場では白ナンバーの出入りに対して規制が行われるケースが増えているようだ。
 

判別困難な非正規品「不正軽油」正規品との差額はたった3円

【燃料問題】
2015年4月 3日 19:08
kakaku_0406.jpg その安さは経営努力ゆえなのか――。運送会社に納められる軽油の価格について、燃料販売会社の経営努力によってもたらされる安値の域を超えているとされる〝製品〟が出回っている。もっとも、域を超えるとはいえ、正規品との差額がリッターあたり3円程度までに収まるため、販売側の「経営努力によるもの」との触れ込みが成り立ってしまっている状況も見られる。ただ、単価面では似通っていても品質については正規品と大きく異なり、車への影響が懸念されると指摘する関係者もある。
 

軽油販社に深まる懸念 インタンクに半分以上の灯油

【燃料問題】
2015年4月 1日 20:30
kyuuyu_0323.jpg 軽油を貯蔵する自社のインタンクに灯油が半分以上も混入していることが、県税当局の調査で判明した兵庫県のトラック事業者(本紙既報)。軽油販売会社は自らの潔白を訴えているが、同事業者が「証憑書類で潔白性を証明してほしい」と申し出ると、書類を持参するとしていた期日を前に、販売会社は電話で「持って行けなくなりました」と態度を変えてきたという。