PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

給油所減少で石油製品輸送のターニングポイント迎える

【燃料問題】
2015年7月31日 18:48
tanku_0803.jpg ガソリンスタンドの減少や製油所の縮小で石油製品輸送の様相も変わってきている。これらに特化してきた事業者も「今が転換期」と、新たなビジネスモデルを模索している。 資源エネルギー庁が7月3日に発表した「揮発油販売業者および給油所数の推移(登録ベース)」によると、2014年度末の販売者数は1万6429。過去10年間で31.3%減(7494減)。給油所数は3万3510で、29.9%減(1万4074減)と、市場の縮小、拠点の集約化が見て取れる。
 

燃料価格の高騰、再び...

【燃料問題】
2015年7月27日 20:02
 大阪府堺市でトレーラを保有する運送A社では「景気低迷と共に燃料価格が高騰し、当社でも再び頭を痛めている。しかし、運送事業者が集まる会議などでは燃料価格高騰の話が一切ないのが不思議」と頭をかしげる。しかし、A社社長が取引のある運送会社経営者に聞くと、「高騰しているのはわかっているが、どうこう言っても価格は下がらない。今は正直やけくそ状態」と語り、A社社長は「正直、運送業界は力のない業界のため、運送事業者は燃料価格の高騰を問題と考えていても、どこか諦めのようなものが感じられる」と話す。