PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

原告の石油販売会社が不正軽油関与か 輸送業者の供述提出へ

【燃料問題】
2017年9月29日 12:19
 3年前、運送会社の地下タンクに納入された軽油に、比重の軽い灯油が混入されていた疑いがあるとする民事訴訟で、原告の石油販売業者が不正軽油の販売・流通に、日常的に関与していたことを示す書面を被告の運送会社側が提出する見込みであることが、関係者の話で分かった。書面には、原告が行う不正軽油の取引に関して、輸送業者の立場で関与した人物から供述を録取したなどと記載されている。すでに消費されてしまっているトラック燃料の混和軽油に関しては、商流や物流に関与した業者名などが入った軽油引取税の申告関係書類も裁判の場に出てきているものの、石油販売業者が灯油の混入を知っていたのかが、より重要な焦点の一つになる可能性が出てきた。