PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

荷主が派遣人材を引き抜き

【荷主トラブル】
2010年7月23日 10:45
 運送事業者は荷主にとって便利な存在であることで、運送事業にも大きく影響してくる。このため人材派遣をはじめ流通加工、物流センターなどの役目を担う事業者も多い。人材派遣においては、専門の派遣会社より荷主企業の業務を理解しているためか、荷主企業は運送事業者に業務の請け負いを依頼。これに基づいて正規に認可を取得して人材派遣業を行っているケースが多いようだ。
 

3割安の見積もりに驚愕するも大手参入をブロック

【荷主トラブル】
2010年7月16日 11:10
 消費が冷え込む中、荷主の物流コスト削減ニーズは依然高く、一方的な運賃値下げを強いられるケースが頻発しているのが実情だ。こうした中、これまで領域を侵してこなかった大手資本が中小・零細のエリアに参入し、仕事を奪うケースも発生してきている。今年に入って埼玉県の事業者は、荷主に現状よりも3割減の見積もりを出した大手物流業者に、仕事を奪われそうになったという。「資本力では太刀打ちできない」と腹をくくった同社社長は、荷主にある提案を持ちかける賭けに出た。
 

横行する「白紙の見積もり書」にお手上げ

【荷主トラブル】
2010年7月 9日 10:50
 「トラック運送業は、もはや戦国時代に突入している」と声を荒げる大阪の運送会社社長。社長によると、5月の連休明けから荷動きが極端に低迷し始め、それに伴い運賃競争も激化しているという。先月は事業開始以来の驚くべき事態に遭遇。同業者が荷主に白紙の見積書を提示して仕事を奪われたという。「運賃競争は激しさを増しているが、白紙の見積もりには参った。これでは太刀打ちできない」と、あきれ顔で白旗を揚げてしまった。
 

守れぬ法令、取り締まりの「連座制導入」望む

【荷主トラブル】
2010年7月 2日 11:10
 社会的規制が強化され、コンプライアンスが求められるトラック業界。しかし、こうした規制強化が末端の下請け事業者さらには、その先のドライバーへしわ寄せとなっている。埼玉県の事業者は、「大手は自分たちでできないような厳しい仕事を我々中小に振ってくる。大手は法律を守れても、我々はどうあがいても守れない」とし、「規制を強化するのは結構だが、やるなら違反を犯している我々中小だけでなく、元請け業者も含めて責任を負わせるべきではないか」と、取り締まりの連座制導入を訴えている。