PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

無駄が強みに変わる 交渉にも余裕生まれる

【荷主トラブル】
2012年10月31日 20:31
truck5_1022.jpg 「入るを量りて、出ずるを制す」。運賃水準が下がる一方で、燃料や車両などのコストが上がっているトラック業界。いかにコストを抑えられるかは、会社の存続を考える上でも重要な対策となっている。無駄を省き効率を上げる。トラック業界でも無駄を省くことは大事なことだ。しかし、無駄と思えることが、いざというときに会社の強みになることもある。
 

付帯作業はどこまで? 事務員も無償で駆り出される

【荷主トラブル】
2012年10月25日 10:58
truck3_1022.jpg トラックドライバーは、輸送契約にない付帯作業を行っていることが多い。物流センターでの荷そろえなど、運賃には含まれていない作業を当然のように行っていると聞く。ドライバーだけでなく、運送会社自体にも無償で作業を求めているケースもあり、過剰な負担がかかっている。
 

運送会社のドライバー「リフトマン」として荷主に派遣

【荷主トラブル】
2012年10月18日 15:11
 最近、特定労働者派遣の届け出を行い、自社のトラック運転者をフォークリフトの運転者として荷主に派遣する運送会社が増えているという。トラックで荷物の積み下ろしの際にリフト操作するのではなく、リフト操作だけの派遣である。派遣業では派遣元が社会保険や労働保険に入る必要がある。コンプライアンスが叫ばれる中、自社で社員を抱えて経費をかけるより、普段使っている運送会社から人材を派遣させて、労務コストを削減しようとする荷主側の思惑があるようだ。