PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

輸送品質、入札では見えず 運賃以外でPRを

【荷主トラブル】
2013年4月25日 14:46
truck4_0422.jpg 役所関係の物流受注では入札が行われているが、一時期、民間企業の物流でも全て入札で事業者選定という流れに見直す荷主も出てきている。輸送品質は運賃だけではわからないが、運賃以外で他社との違いを見せるのが難しいのも運送事業。それを荷主に具体的に見える形にできることが強みを持つ事業者とも言えそうだ。
 

「荷物保険」を悪用する荷主 巻き込まれる運送事業者

【荷主トラブル】
2013年4月24日 20:53
truck3_0422.jpg 依然として収益的に厳しい状況にある運送業界だが、荷主の経営環境も同様に厳しい。本業でまともに収益が上がらない荷主の中には、保険の制度を悪用して利益に結びつけようとするところもあるようだ。関係者によると、運送事業者が荷物に損害を与えた場合に適用される荷物保険を悪用するケースが近年、出てきているという。荷物保険は少額であれば使っても保険料が上がりにくい性質を持っており、この盲点を利用した形だ。荷主の間では荷物保険を悪用することを「破損を作る」と呼んでいるが、立場的に弱い運送事業者が巻き込まれようとしている。
 

12時間待ちの倉庫 乗務員不在で順番外され

【荷主トラブル】
2013年4月22日 20:26
 食品を扱う営業倉庫で、出庫時にトラックが長時間待たされることが常態化している。朝から夕方までの約12時間もの間、待機を余儀なくされたトラックもあったという。規制緩和され、ほぼ自由化が完了しているといわれる倉庫業界で、こうした前近代的な現象が起こる背景には、商流が必ずしもすっきりとしていないこと、そして倉庫業法のなかにも出庫時の引き渡しに時間の観念が欠落していることなどが浮かび上がってくる。
 

ドラレコ車は立入禁止 機密情報漏洩を危ぐする荷主

【荷主トラブル】
2013年4月11日 15:24
 トラック運送業界では安全対策に役立つとしてドライブレコーダーの装着が進んでいるが、荷主によっては機密情報を漏らさないためにドラレコ装着のトラックを使わないところもある。神奈川県の事業者は、荷主の構内に入場できないため引き返すことになってしまったという。