PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

ありがたくない繁忙期 車両不足で無茶な運賃値上げ

【荷主トラブル】
2013年5月13日 20:15
 運送業界では人手不足とともに車両不足が深刻となっている。年末や年度末、ゴールデンウィーク前などの繁忙期に、配車担当者は車両確保に頭を痛めている。こんな中、車両不足を理由に運賃の値上げを行う運送会社も多い。運賃値上げのチャンスではあるものの、中には無茶な値上げを要求する悪質な事業者もいるようだ。
 

意識欠如で過積載横行 荷主の関与が大きく影響するが...

【荷主トラブル】
2013年5月 9日 18:20
 摘発件数の減少などを根拠に、「もうそんな荷主はほとんどなくなっている」と見られているのが過積載。しかし、その漠然とした感覚の裏側で、例えば、「水モノの積載が増える夏が怖い」などと話す運送事業者が絶えない。過積載が、運送会社やドライバーの一方的な意思で作り出されるものではなく、荷主の関与が大きく影響するとの認識は、貨物自動車運送事業法や道路交通法の条文からも明らかだが、一部の荷主はそうした意識が欠如している事情が浮かび上がる。
 

運賃だけではない 下請けいじめの実態

【荷主トラブル】
2013年5月 8日 20:37
shitauke_0429.jpg 「ワシら下請け事業者が泣くのは運賃だけじゃない」――。トラック運送の取引適正化につなげる材料として契約の書面化が検討され、かねて実効性の欠如が指摘されてきた荷主勧告制度の改正についても議論されている。ただ、いわゆる「真荷主」との取引よりも同業大手の下請け仕事が中心というのが実運送の実態であり、力関係が働く運送の最前線には理不尽な現実が充満する。