PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

荷主の無理難題で過労死? ほど遠いパートナーシップ

【荷主トラブル】
2014年5月23日 19:13
keitora_0526.jpg トラック輸送の供給力不足が顕著になり、業界では「荷主を選べる時代」になってきたという声も聞かれる。しかし一方で、荷主が出してくる無茶な条件を飲まざるを得ない事業者の存在もある。神奈川県では今年2月、荷主とのトラブルで従業員が過労死するという事態が発生した。荷主の理不尽な要求や無理難題に追い詰められた上での不幸な結末に、会社側は「弱腰の姿勢で対応せざるを得ない自社の姿勢と、横暴な荷主の姿勢が許せない」と憤りを隠せない。荷主とのパートナーシップ構築を目指す業界だが、現場ではまだまだ従属的な関係が残っており、荷主の無理難題に苦しむ中小事業者の姿がある。
 

過積載、荷主の過剰な指導 運賃への影響は

【荷主トラブル】
2014年5月21日 10:00
 コンプライアンス強化などの影響で、過積載や軸重違反に対して厳しく目を光らせている荷主企業が増えてきているようだ。大阪府内のある鋼材輸送業者A社は、「出荷主が荷受け企業から『元請け物流事業者が積載量以上に鋼材を積んで輸送していた』と指摘された。出荷主としては、元請けに積み込みを任せられないとしており、積載量より100㌔オーバーでもダメという通達を行い、現場で積載状況を厳しく確認する事態となっている」と話す。