PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

引っ越し作業 未梱包はどうしようもない

【荷主トラブル】
2015年2月26日 17:40
 引越専業者で働くAさんは入社して6年、現場責任者を任されている。「作業で一番つらいこと」を聞いてみると、「大阪から東京への引っ越しの帰り、名古屋から大阪への引っ越しを受けた。そういったスケジュール面では苦にならない。大きな荷物も重たい荷物も大丈夫。しかし、現場に『◎△時に着きます』と言っているのに、梱包作業がまったくできていないときは、本当につらい」という。
 

雪の日に見えた 荷主の「人間性」

【荷主トラブル】
2015年2月25日 20:31
 兵庫県のトラック事業者は今冬、荷主の担当者の言動から「非常識さを感じてしまった」とし、三くだり半を突きつける日も遠くないという。雪で高速道路が通行止めとなった日。周辺の国道なども大渋滞で、運行するトラックも立ち往生してしまった。
 

トラック集めに苦労する元請け 荷主の「浮気」も

【荷主トラブル】
2015年2月16日 11:08
 下請けから孫請け、さらに下へと流れる多層構造のトラック運送事業にとって、元請けの仕事を手に入れることが大きな魅力であるのは間違いない。ただ、荷動きのピーク時に合わせた車両台数を抱えるわけにはいかず、繁忙期には同業者に傭車の協力を求めることになるが、ドライバー不足が深刻化するなかで「トラック集め」に苦労する元請け事業者の姿が目立つようになってきた。なかには業を煮やした荷主企業が自ら車両を手配したり、すべて任せてきた元請けを「力量不足」と判断して切り捨てるケースも出ている。
 

運送事業者の葛藤 モラル取るか事業拡大か

【荷主トラブル】
2015年2月12日 12:12
 トレーラで配送業務を行う大阪府の運送会社は現在、モラルを取るべきか事業拡大を行うべきかで悩んでいるという。  同社では過去に、事業が衰退している事業者から就職を希望してきたドライバーを採用した。その際、その事業者から「ドライバーの引き抜きを行った」などと言われ、一部の荷主企業などで問題視された経験がある。
 

大手物流業者のネットでの荷物斡旋「市場より2割以上安い運賃」

【荷主トラブル】
2015年2月 4日 19:16
pc_0202.jpg 運送事業を拡大するには、直荷主と取引することが最も重要だ。しかし、帰り荷を確保する場合、地方に営業所がない運送事業者は、別の運送会社に荷物を確保してもらうしかないようだ。荷物を確保してもらうにもいろいろと方法がある。
 

「道徳的に許せない」 ドライバーを引き抜く荷主

【荷主トラブル】
2015年2月 4日 19:12
 「法律で規制はなくても、道徳では許されないだろう」。従業員ドライバーを引き抜こうとした荷主の担当者に対し、神戸市内のトラック事業者Aは「数週間、悔しくて眠れなかった」と話す。