PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

外装破損の責任 事業者負担が通例化も...知られていない約款11条

【荷主トラブル】
2015年5月29日 17:52
 商品事故による返品や再配送、弁済は、「事業者負担」が原則となっている。消費者意識の高まりに呼応する形で、外箱の小さな凹みや印刷が擦れただけでも返品対象となるなど、物流現場への要求は強まっている。そのため、ダンボール箱や袋、ビニールなどに傷を付けないためにかかる手間と時間、さらには荷受け側の厳しい対応が物流の非効率にまでつながっている現状がある。「外箱も商品」として、こうした外装破損の責任も事業者が負うことが通例化しているが、現場では、本来は商品を守るものであるはずの梱包材にまで責任を問われる状況を疑問視する声もある。
 

ベテラン経営者の愚痴や悪口に辟易...

【荷主トラブル】
2015年5月28日 17:20
 トレーラ輸送をはじめ、雑貨から建設資材まで様々な輸送を展開している大阪府和泉市の運送事業者は、他社からさまざまな情報を得ることも重要と考えており、開業当時から先輩にあたる運送事業者を定期的に訪問してきたものの、「最近ではそれが嫌になってきた」と語る。
 

商品事故に見る荷主の対応 原因不明でも現場の責任に

【荷主トラブル】
2015年5月21日 17:39
truck4_0518.jpg 荷物の紛失や傷など、配送中に商品事故が起こった際、どこが責任を負うことになるのか――。原因が明確であれば責任の所在もはっきりするが、原因が特定できない場合、立場の弱い末端の現場の責任とされることが圧倒的に多いのが実情だ。こうしたトラブルの際の荷主の対応で、その後の関係に微妙な波風を立てることも事実のようで、現場からは「本当に輸送品質を上げたいのなら、現場の声に耳を傾けるなど、荷主が一緒に解決する姿勢を見せてほしい」との声も聞かれる。
 

アルコールチェックの検査結果異なり 荷主から乗車拒否

【荷主トラブル】
2015年5月 1日 19:14
 安全運行に欠かすことができないアルコールチェック。市場では多種多様なアルコール検知器が販売されており、通信販売で出回っている安価で簡易的な検知器の信頼性が問題になったことも記憶に新しい。しかし、信頼性の高い業務用検知器を使用していたにもかかわらず、事業者と荷主で検査結果が異なったことから乗車を拒否される事案が発生している。取材をするなかで、アルコール検知器を巡る問題点が浮き彫りになってきた。