PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

給食配送のトラックめぐりトラブル 自家用車運行はグレーゾーン

【荷主トラブル】
2015年10月23日 16:09
kyusyoku_1026.jpg 運送手段としての自動車が、運送者の所有・保有の権原があったほうがいいのはなぜか? トラック運送業界では自明のこととされている車の所有・保有の権原について、一部の自治体など荷主側が改めて在り方を見直す契機にある。自治体の担当者のなかには、営業ナンバートラックを使わずに自家用車を委託先の事業者に運行させていることが法的にも「グレーゾーン」であるとの認識も同時に広がっている。
 

未払い賃金問題トラブル回避 基本給と残業代重視

【荷主トラブル】
2015年10月19日 20:35
 運送会社では未払い残業代問題で労務トラブルが増加し、一部の運送会社では裁判に発展している。こんな中、未払い残業賃金トラブル回避のための対策を講じる運送事業者も増えてきているようだ。
 

荷主と立場が逆転 ドライバーが荷主を選ぶ時代に

【荷主トラブル】
2015年10月16日 18:21
 数年前までは荷物を出す側の立場が強く、仕事をもらう側は弱かった。待機時間が長く安い運賃でも、車両を遊ばせるよりは...と運送事業者も我慢を重ねてきたが、最近では大きく変わってきた。
 

商物分離から販路活動へ 荷主と運送会社が立場逆転の構造

【荷主トラブル】
2015年10月 9日 20:43
 疲弊するトラック運送の現場が、従来の取引の仕組みを変えるとの見方が広がっている。荷主側から出される業務上の要求が運送会社やそのドライバーの実質的な収入増に結びつかず、むしろコスト高に陥った運送側が「商物融合」などの業務面から見た合理化提案をする動きもある。また、トラック同業間での取引でも手数料の仕組みを、より実運送側にメリットを出す方法に変えることで、トラックとドライバーの確保を目指す動きも見られる。運ぶ側と運んでもらう側の立場が、あたかも逆転したかに見える取引の構造とは...。