PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

築地市場移転 物流の視点からみた問題点とは

【荷主トラブル】
2017年8月25日 12:20
tsukiji.jpg 日本中で獲られた魚介類が集まる築地市場。水産物の取扱量が1年あたり43万㌧以上、取扱金額4401億4500万円(平成28年度築地市場概要より)と、世界最大級の取扱規模を誇る。また、水産物を中心に青果物も取り扱う築地市場には毎日、約1万9000台(同17年9月調査)の車両が入場して入荷や配送を行い、約4万2000人(同14年11月調査)もの人が活動している。1935年に開業した同市場では、施設全体の老朽化や市場の狭さから、豊洲新市場への移転計画が動き出していた。しかし、一連の報道で周知の通り現時点では移転が延期され、移転日も確定していない状況にある。こうしたなか、築地市場の物流を担う運送事業者を中心に、物流の視点からみた築地と豊洲の現状や課題、問題点などについて聞いてみた。