PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

フォークリフトの特定自主検査「5割が未実施」

【その他】
2010年8月25日 12:50
 物流事業を行ううえで、フォークリフトは欠かせない。トラックは1年に1回、車検を受ける必要があるが、フォークリフトも同じく、「特定自主検査」と呼ばれる定期検査を受ける必要がある。しかし、販売店関係者によると「5割程度しか検査を受けていない」としており、検査の実施率が極端に低いという。トラックなどと異なり、フォークリフトは行政機関もきっちり把握できていないのが実情のようだ。
 

熱中症に要注意!

【その他】
2010年8月11日 08:49
 連日、うだるような暑さが続いている日本列島。「熱中症」による死者が出ているとの報道もあるが、熱中症の危険は物流業界も例外ではない。厚労省によると、平成17年から19年までで、熱中症による死者(58人)のうち、物流業でも3人の死者が出ている。
続きを読む: 熱中症に要注意!
 

他社との差別化を思案する海コン輸送業者が増加

【その他】
2010年8月10日 08:40
 これまで右肩上がりで物量が増えていた海コン輸送でも、輸出入貨物の取扱量が減少し、これに加えてコンテナターミナルでの渋滞による非効率輸送体系や運賃低下などで、今年に入って廃業や倒産が増えている。海コン輸送は大手海運会社などが元請けとなる。この体制からか、簡単に運送事業者が海コン輸送業界に進出し、新規参入が増えて現在、運賃が昭和58年タリフの40%以下の運賃水準で輸送を強いられている。海コン業界の運賃低下には「単純な輸送状態が原因では」と見る業界関係者も多い。このようななか、他社との差別化を図ろうとする海コン輸送業者も増えてきているようだ。