PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

北海道エコ制度(6) 「省エネ・新エネ人材バンク」

【その他】
2010年12月27日 08:51
eco_1220.jpg 「省エネに取り組みたいが、どのように進めるべきかわからない」といった道内の中小企業に対し、専門的な知識・技能を持つ者を派遣する「北海道省エネ・新エネ人材バンク」という制度がある。同制度は、地域中小企業の省エネ・新エネ推進を強化するため道が窓口となり、事前に登録されている専門家をクライアントの要望に応じて派遣、「省エネ設備の導入や運用改善」「新エネルギーの導入」などに関する指導や助言を行うもの。10月に設置され、申請受付期間は来年2月15日までと期間限定の制度だ。
 

業界地位向上へ 「規制見直し」より「経済成長」を

【その他】
2010年12月24日 13:15
 「このままでトラック業界は悔しくないのか。その一点があるのかないか」。ある事業者はそう話す。トラック業界内部だけのことではあるが、徐々に「運賃制度を見直そう」といった機運が満ちてきた。しかし、業界が一枚岩になっているという雰囲気はない。事業者の見方の根拠は、「規制を見直したって運賃アップは無理。経済成長がなければ運賃は上がらない」という感覚だ。
 

接待は慎重に やり過ぎて契約解除も...

【その他】
2010年12月20日 22:30
 仕事を続けていくために、また事業を拡大する中で、荷主の物流担当者との付き合いは欠かせない。盆暮れの付け届けをはじめ、接待や贈り物など、本業での取引以外で、さまざまなやり取りが行われているのが現状だ。ただ、その物流担当者と、どこまで深く付き合うかは考えもので、一つ間違えれば手痛いしっぺ返しに見舞われることもある。中には、一切行わないという事業者もいるが、接待は商取引には必要不可欠な行為ともいえる。営業のきっかけとしては有効かもしれないが、その行為には細心の注意と慎重さが求められる。
 

調査会社発表の企業指数、金利にも影響

【その他】
2010年12月17日 15:15
 運送事業者に電話や訪問で企業調査が行われるケースがあるが、多くは取引先企業からの調査依頼とされている。依頼した企業は取引にあたり、相手の事業者が健全に経営を行っているかのバロメーターとして利用しているようだ。
 

北海道エコ制度(5) 「さっぽろECOメニュー」を活用

【その他】
2010年12月14日 17:31
eco_1213.jpg 札幌市では、事業者の自主的な環境配慮活動の実施と、計画の策定を支援するための独自の業種別ガイドブック「さっぽろECOメニュー~事業者のための環境活動ガイドブック」を作成し、無料で配布している。「百貨店・スーパー」「ホテル・旅館業」「金融・保険・不動産業」「建設業」など9業種の特性を反映した具体的な取り組みを、それぞれ紹介したもので、「道路運送業」向けのガイドブックも策定されている。
 

適正運賃収受へ 物流業界のシステム見直しを求める声

【その他】
2010年12月13日 20:00
 「適正運賃の収受」は、以前から抱えているトラック業界の問題の一つ。「運賃下落に歯止めをかけるためにも、元請け、下請け、孫請け、ひ孫請け......と際限なく続いていく業界のシステムを改善しなければならない」という声は少なくない。それと同様に「実運送事業者の地位を向上させるべき」との声も聞こえてくる。「一つの荷物に対して、多くの取扱事業者がかかわることで、さらに運賃が下落していく」という意見だが、「荷物がないときに、電話1本やネットで荷物を回してもらえるのは助かる」という意見もある。
 

優良ドライバー認定制度を創設 日本陸送協会 国交省が後援

【その他】
2010年12月10日 13:20
rikusou_1213.jpg 日本陸送協会(小川徳男会長)は優良ドライバーなどを認定する「教育・認定」制度を創設した。来年1月から中部支部で一部の制度運営をスタート。その後、順次エリアを拡大させ、10月までに全国9支部すべてで本格運営を目指す。少子高齢化社会が進展する中、「優秀なドライバーの確保」を主眼に、独自の教育プログラム開発を進めてきたもので、国交省の後援(名義)も内定した。トラック事業者の団体による優良ドライバー認定制度と国交省後援は、ほとんど例がないことから注目を浴びそうだ。
 

魅力ある職場構築へ トッキュウ(北海道岩見沢市)

【その他】
2010年12月 9日 18:20
 「脈進―」。トッキュウ(岩見沢市)の工藤修二社長の造語で、「仕事の流れをいち早く捉え、前途の望みに向かって進む」「顧客ニーズに応え、信頼される物流技術を提供できるよう、全社員が徐々に進む」という意味を込めている。同社はこのスローガンの下、1年間事業を展開した。工藤社長は毎年、「進」の字を入れたスローガンを考案し、年末に発表している。
 

北海道エコ制度(4) 「エコメンバー」に運輸業52件が登録

【その他】
2010年12月 8日 20:09
eco_1206.jpg 札幌市にも環境についての独自のエコ制度がある。「さっぽろエコメンバー登録制度」だ。同市の花・スズランをマークにした同登録制度は、本連載で紹介した「北海道グリーン・ビズ認定制度の優良な取り組み」の元ネタ。北海道グリーン・ビズより早い平成20年8月から運用が始まり、運輸業では52件の登録がある。
 

認可なく施設を閉鎖 運送事業者代表らを逮捕

【その他】
2010年12月 7日 19:20
 国の認可を受けずに車庫と休憩睡眠施設を閉鎖したとして、貨物自動車運送事業法違反の疑いで、静岡南警察署と県警交通指導課は中央トラック(静岡市葵区)の代表取締役・丸子三十四容疑者と同社取締役・森永勝浩容疑者を逮捕、11月5日付で静岡地検に送検した。丸子容疑者は同社グループの入丸(愛知県春日井市)の社長で、森永容疑者はグループのナンバー3だった。中央トラックは書類上では運行管理者と整備管理者を選任していたが、入丸本社に勤務していて実態がなかった。
 

アルコールチェッカー 性能自由に戸惑い

【その他】
2010年12月 1日 20:00
 平成23年4月から、飲酒の呼気を調べるアルコールチェッカーの調査(点呼時)が義務付けられる。さらに点呼が行えない場合は、アルコールチェッカーを持参させて行うことも義務付けられている。しかし、アルコールチェッカーの性能ならびに基準が設けられていないことから、どの程度のものを購入すればいいのか戸惑い、質問をぶつける運送事業者も多い。