PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

関東への傭車が見つからない 錯綜する震災情報

【その他】
2011年3月25日 16:43
 「信号機が突然消えて、危うく衝突するところだった。いつも頼んでいる関東の事業者が来ないから仕方ないが、できれば走りたくない」と興奮ぎみに話す姫路ナンバーの4トンドライバー。「計画停電の話は聞いていたが、関東の地理に詳しくない者にとっては自分のいる正確な場所がどこで、いつ停電になるかわからない。高速道路もSAも真っ暗だ」と神戸ナンバーの大型ドライバー。一方、岡山市の運送会社では「名古屋を過ぎると燃料確保が難しいという情報が流れていることもあって、傭車が見つからない。フル稼働で関東方面へ自社便を走らせている」と話しているが、震災関連の情報が錯綜するなかで物流関係者らも手探りの業務が続いている。
 

当たり前になった薬物汚染 狙われやすいプロ運転者

【その他】
2011年3月24日 17:50
 まさか、うちのドライバーが──。芸能界で騒がれている薬物汚染だが、高校生でも容易に入手できるいま、運送業界だけでなく、すべての企業で問題になりつつある。「ひと昔前ならともかく...」という経営者は多いが、過酷な労働環境で走るドライバーが、睡魔を追い払うために使用することも考えられない訳ではない。薬物を使用したドライバーが事故を起こしたケースもあり、企業としても正しい対応が求められている。
 

トラックが被災者の力に 東日本大震災

【その他】
2011年3月18日 22:30
truck_0321.jpg 東日本に甚大な被害をもたらした世界最大級、マグニチュード(M)9.0の「東北地方太平洋沖地震」。被災地では電気・水道・ガスといったライフラインが分断され、人々の生活は困窮を極めているが、「トラック」という、もう一つのライフラインが動き出した。15日午前現在、緊急支援物資を輸送しているトラックは全国で延べ500―600台に及ぶが、「緊急輸送要請は日ごとに増えている。最終的には数千、数万台規模になるだろう」(全ト協)という。緊急輸送のもう一方の立役者である船(貨物船)は、大津波で港が機能不全に陥ったため十分な活躍ができない状態。北海道―青森航路のフェリーから出てくるのも物資を積んだトラックばかり。国も自治体も今、改めてトラックに大きな期待を寄せている。
 

燃料不足が深刻 供給乱れ休業するスタンド

【その他】
2011年3月18日 22:25
 甚大な被害を受けた東北各地の被災地ではガソリン、重油、軽油、灯油などの燃料が不足している。緊急を要する救助活動や医療用自家発電機用燃料、救援物資を配送する車両の燃料など、早急に燃料が東北の各被災地に行き渡る必要がある。
 

「つぶやき」で仕事獲得 HPやツイッター活用

【その他】
2011年3月17日 14:41
truck3_0314.jpg 自社をいかに社会にPRしていくか──。最近では会社案内やダイレクトメール、ホームページだけでなく、ツイッターを活用する経営者も出てきた。専門知識がなくても、ホームページやツイッターを駆使して荷主の新規開拓や社内活性化などに取り組み、新たな運送事業の形を模索し続けている事業者もある。
 

北海道で運輸サミット ドライバーを子どもの人気職業に

【その他】
2011年3月 4日 15:00
 運送事業を盛り上げようと、前向きな事業者が意見交換を行う「第1回運輸サミットin北海道」が2月23日、ジャスマックプラザホテル(札幌市中央区)で開催。コンサル企業のシンプルタスク(吉井雅之社長、東京都豊島区)が展開する「ナニメン喜働力塾」の卒業生が中心となり、北海道、福島県、千葉県、愛知県、三重県などから12人が参加。自社の取り組みや課題、将来の夢などを語り合った。
 

空き地に霊柩車を放置 「縁起悪い」と撤去を求める住民

【その他】
2011年3月 1日 22:12
reikyuu_0228.jpg もし、我が家の横に霊柩車が置かれていたら──。愛知県のある住宅街の一角にある空き地に、昨年秋頃から宮型霊柩車が野ざらし状態で置かれていることが問題となっている。周辺住民は「縁起が悪い」として所有者に撤去を求めているが、所有者は「何を置こうが自由」として意に介さない。また、自治体でも車両の置かれている場所が私有地である以上、強制力を伴う介入はできないとしている。