PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

PSカード発行手続き改定で混乱 反発する海コン部会

【その他】
2011年11月30日 21:23
ps_1128.jpg コンテナ埠頭の現場での安全と効率を両立させるため、来年7月までの導入準備が進むPS(ポート・セキュリティ)カードの発行手続きが今月初め改定された。埠頭地区に出入りするコンテナトラックの運転者に対して国が発行するPSカードで、運転者の確認手法が一部で「緩和」されている。確認手法を緩和すると「安全」が脅かされ、逆に確認手法が厳しいままだと「効率」が損なわれる。二つを両立させるための「妥当な線に改定した」と行政側は説明するのだが...。
 

損保会社と支払いでトラブル多発 掛け金の安さウリだが...

【その他】
2011年11月28日 21:25
truck_1128.jpg 物流ウィークリー11月14日号で保険会社が事故の休損金に応じず、今までにない様々な書類提出を求め、調停を行っている事案を紹介したところ、多くの運送事業者から反響があり、それに関係して一部の損害保険会社でトラブルが多いことが判明した。
 

物流専門家を災害対策の中枢に 東日本大震災の問題点踏まえ

【その他】
2011年11月25日 11:02
kyuuen_1128.jpg 東日本大震災ではトラック事業者が「物流専門家」として被災地に派遣され、大きな成果を上げた。阪神・淡路大震災でも多くの物流専門家が活躍したが、東北地方ではその教訓が生かされず、「もっと早く派遣されていたら」と悔やむ関係者は多い。こうした中、被災県でもある茨城県では「物流専門家」をあらかじめ災害対策の中枢に位置付け、現場でロジスティクス全般を指揮してもらおうと防災計画を見直している。地域の災害協定などで物流専門家の「派遣要請」を定めた自治体はあるが、災害対策の中枢に位置付ける防災計画は全国でも初めてという。
 

付帯サービスが一転しメーンに 各地で写真撮影

【その他】
2011年11月24日 19:42
truck2_1121.jpg 「運送事業者がモノを運ぶのは当然」といった思い込みから脱して、新しい物流の可能性を開拓している事業者がいる。運ぶモノを探す発想から転換したことで、物流の持つ別の可能性も見えてきたという。
 

消費者保護に偏り過ぎ 約款改正めざす東ト協引越専門部会

【その他】
2011年11月18日 17:38
kaikan_1121.jpg 東京都トラック協会の引越専門部会(五十嵐良夫部会長)が「標準引越運送約款」の改正に向けて動き出した。以前から、現行の約款は「消費者保護に偏り過ぎ。引越事業者は不当なリスクを負わされている」との指摘があった。他産業に比べて「キャンセル料などは不適正な設定」との批判もある。同部会は今後、消費者と事業者双方にとって「公平で、公正な約款」への改正を目指し、全ト協、国交省に積極的に働きかけていく方針を固めた。既に部会員を対象に「標準引越運送約款に関するアンケート調査」を実施しており、「実態を把握した上で具体的データに基づき、約款改正に向けた取り組みを展開していく」としている。
 

知らない間に運行管理者に 会社設立で知った事実

【その他】
2011年11月15日 21:25
truck2_1114.jpg 営業ナンバーを取得し、運送会社を立ち上げようとした首都圏の事業者に、役所から「待った」が掛かった。許可申請に慣れた行政書士の指導を仰ぎ、運送許可を取得するための条件はすべてそろっており、待ったが掛かる要素は一切見当たらなかった。しかし、その理由を役所から聞いた同社社長は、「自分の知らないところで、こんなことが行われていたとは...」と絶句したという。
 

自殺に窃盗...苦悩の経営者 景気低迷が負担に

【その他】
2011年11月 8日 20:01
 近畿の労務・経営コンサルタントによると、ある運送会社の経営者が精神的な病状で自殺を図り、公共の乗り物に飛び込もうとして停止させ損害を発生させたという。また、別の運送会社経営陣が暴力団と共謀し窃盗事件を起こすなど、不景気による事件、犯罪が発生していると語る。
 

60年の歴史を携え 提案型企業へ

【その他】
2011年11月 2日 17:31
takakawa_1024.jpg 六十数年の歴史を持つ興菱梱包運輸(髙川信一社長、神奈川県川崎市)は、品質の高い物流サービスを特徴として、提案型企業への変革を進めている。今年度方針は「アクティブ&スピーディー」「変革」「プロフェショナル」。  「アクティブ&スピーディー」は、伝統ある企業であるがゆえに、「荷主から言われた通りにやることが身についているが、これからはスピード感を持って自発的に考えて提案していかなければならない」と髙川社長は説明する。
 

「ベストアドバイス」利用を 保険は専門家に聞こう

【その他】
2011年11月 2日 17:28
 会社で万一の問題が発生した際のためにあるのが「保険」。しかし、「運送会社のほとんどが保険を掛けているにもかかわらず、重大事故が起こった場合、会社を支えられない内容となっている」と危惧するのは、保険サービスシステム(東京都中央区)の橋本卓也社長。「保険の専門知識を持っているのは、保険商品を販売したい側だけで、顧客側では圧倒的に知識不足。自分の会社が存続するために必要な保険商品は何か、不要な内容は何かが顧客側では判断が難しい。この事実に気付いたとき、自分の専門知識を顧客側で使おうと考えた」と話す。
 

働く人のため 「枠」超えた議論を

【その他】
2011年11月 1日 21:49
yoshida2_1024.jpg トラック運送業界の諸問題の解決に、従来から自明のこととされている仕組みの中で、試行錯誤しながらやるのか、それとも枠の外に出た議論を積み重ねていくべきか。こうした問題に直面しているのが兵庫ト協だ。従来の枠を超えた話し合いが必要と主張する立場の論者に話を聞いた。