PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

企業体質、時代の変化 ディーラーと事業者間でトラブル

【その他】
2013年6月27日 19:44
 最近、トラックディーラーと運送事業者の間でのトラブルが報告されている。先日も兵庫県の運送事業者から電話で、トラックの故障箇所を巡ってトラブルになっているという報告や、大阪市内の運送会社では発注した車両ボディーの長さが異なりトラブルになったが、ディーラーにクレームをつけても改善されないなどの相談や報告が多い。元ディーラーの営業マンで、現在は家業の運送事業を行う経営者に話を聞くと、同社でも数年前にトラックのエアサス車を発注したが、納車の際にコントロールできるリモコンが付け忘れられていたトラブルがあったが、後付けするのにも時間が要することから、現在も仕方なしにそのまま運行させていると語る。
 

国道43号線の大気環境改善策協議 連絡会合が終結

【その他】
2013年6月24日 20:06
ama_0624.jpg 兵庫県尼崎市の国道43号沿道の住民と国が12年にわたり、大気環境改善策を議論し合った連絡会合の場が終結した。2000年12月の大阪高裁による和解を履行するための連絡会合。終結合意書には①現在行われている環境ロードプライシングを引き続き実施する②大型車に中央寄り車線の走行を促す「43号通行ルール」定着のための施策を実施する③43号を横断する歩道空間をバリアフリー化する、の3点が盛り込まれた。
 

武藤自動車局長に聞く デジタコ義務化に書面化「適正」の土台作り

【その他】
2013年6月17日 19:58
mutoh_0617.jpg 国交省では現在、「デジタコの全車両装着の義務化拡大」を進めている。ただ、トラック業界では、労務管理の不備などを証拠として残してしまうことへの不安もあり、デジタコ導入に消極的な声も根強くあるのが現状だ。国交省でも、悪質な事業者の排除を積極的に行っているが、それ以上にドライバーの労働条件、労働環境を把握した上で、事業者が適正な事業活動を行える環境を実現することが最終的な目的だという。国交省では、デジタコ義務化と並行して、「運送契約の書面化」も進めている。武藤浩自動車局長は、「今は面倒くさいと思うかもしれないが、必ず将来のためになる」と強調する。
 

知らぬ間に「運び屋」 覚せい剤や拳銃の密輸入で

【その他】
2013年6月14日 11:45
zeikan_0617.jpg 盗まれたトラックが「ヤード」で解体され、海外に密輸される事件が話題になっているが、コンテナや積み荷である機械製品・部品などを利用して覚せい剤や拳銃などを密輸入し、物流事業者を知らぬ間に「運び屋」にしてしまうケースも増えている。横浜税関広報広聴室の三浦達久室長は「知らぬ間に悪事に加担することを防ぐためにも、埠頭ゲート付近を何度も往き来する不審者を見かけたり、インボイス(送り状)と違う物品を発見した場合は、すぐに最寄りの税関に連絡してほしい」と呼び掛けている。
 

認知度低い高速割引制度 制度見直し「知らない」67%

【その他】
2013年6月13日 17:51
kousoku_0610.jpg 平成25年度末で割引財源がなくなることから、高速道路料金の割引制度の行方について運送業界から様々な要望活動が昨年から行われている。割引制度の動向には事業者の関心も高いが、一般ドライバーには、そこまで認識されていないことが日本自動車連盟(JAF)のアンケート結果で公表された。
 

高付加価値への挑戦 物流を核に新たなサービス追求

【その他】
2013年6月10日 21:39
josei_0610.jpg 物流事業者にとって「荷物を運び、保管して料金を得る」という業務だけでは生き残りが困難な時代になってきた。物流を核にしながら、新たなサービスの可能性を追求する事業者の挑戦が見られる。
 

運送事業者、大災害への対応 「BCP策定」「安全第一」

【その他】
2013年6月10日 21:33
 5月末に中央防災会議の作業部会が「南海トラフ巨大地震」の最終報告書を公表した。死者が最悪32万人以上ともいわれる被害は広域に広がっており、道路や高速道路のインフラが寸断されれば、運送事業者は事業を継続することは困難になる。いずれ来るかもしれない大災害に備えて、各運送事業者はどのような対策をとっているのだろうか。
 

ドレージ事業者自治体施策に危機感 「内航船舶の活用」などに転換

【その他】
2013年6月 6日 14:34
kon_0603.jpg コンテナの陸上輸送(ドレージ)距離を短縮させる自治体の施策が5月下旬、相次いで発表された。いずれも荷主や貨物取扱業者に金銭的、時間的メリットを強調することでドレージからの転換を図ろうとするものだ。一方、ドレージを担う運送事業者らは、数年前から散発的に出される転換施策に危機感を募らせる。