PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

リフト免許取得の必要性 荷待ち時間軽減、ドライバー負担に

【その他】
2013年8月29日 15:14
lift_0826.jpg 生き残りの手段として、ドライバーにフォークリフトの免許を取得させて荷受け先での荷下ろし作業などのサービスを手がけている運送事業者もいる。荷主の倉庫内での人件費削減に貢献することで、運賃の値下げ防止やドライバーの荷待ち時間を少しでも軽減できるケースもある。各運送事業者にフォークリフト免許取得の必要性について聞いてみた。
 

「港の機能強化」の停滞 ひっ迫感に苛まれる事業者

【その他】
2013年8月29日 15:10

 阪神港の一つ・神戸港。ここでは事業者には厳しい側面を見せる構造改革が進む。事業用土地をめぐる「改革」の一側面だ。

 在来型の船が着岸することが比較的多い地区の港湾関連用地に会社がある事業者は昨年、神戸市から700平方㍍程度のトラック車庫用地を購入した。資金は民間の金融機関から自己調達した。事業者は「同じ土地をめぐる数年前の交渉では、賃貸借の条件だった。それがあるとき突然、神戸市の担当者から『賃貸借はできなくなりました。土地を使ってもらうには買い取ってもらうしかありません』と。資金計画が狂った」と話す。

 同じようなことは、神戸港の中心「ポートアイランド」でもあった。別のトラック事業者が神戸市と掛け合ったが、「新規の賃貸借はもうできません」と断られた。やはり、市の方針が変更されたことからくると説明を受けたが、事業者は「これだけ未使用地がたくさんあるのに」といまも腑に落ちない。

 同市みなと総局によると、賃貸借を結ばなくなった理由は、市の「港湾会計」の財務規律強化からくる。12年度の港湾会計には、未処理分の累積欠損金が199億2856万円、同単年度の費用でも158億8083万円の特別損失をそれぞれ計上している。同局によると、多くは18年前の阪神大震災時に発生したものだという。

 港湾会計の規律強化、それに市の出資団体「神戸港埠頭株式会社」の経営基盤強化策は、実は戦略港湾計画にも盛り込まれる。同局担当者は、「国費を投入して埠頭会社会計、市の港湾会計を改善し、それがひいてはターミナル料金の削減につながり、集荷へとつながる」と説明する。同担当者によると市は昨年までに、ポートアイランドにある港湾用地約8万平方㍍を国交省に売却。ほかにも埠頭会社が造成した用地も国に売却の方針があるという。
 

振り込め詐欺を撃退 赤帽組合員からの通報相次ぐ

【その他】
2013年8月26日 20:07
akabou_0826.jpg 赤帽を利用しようとした「振り込め詐欺」が、組合員の機転で未然に防止されるケースが相次いでいる。赤帽富山県軽自動車運送協組(松井高志理事長)の組合員、赤帽呉羽急便は「振り込め詐欺」の未然防止に寄与したとして12日、富山西警察署から感謝状が贈られた。
 

彷徨い続ける年金基金 タイムリミットのギリギリまで...

【その他】
2013年8月26日 20:01
 「年金基金の資産運用は本来、安定した財政基盤を構築するための行為であって、短期的な投機目的であってはならない」。厚労省が7月下旬から8月初めにかけて、地方厚生局ごとの7ブロックで開催した「企業年金制度改正」に関する説明会。来年4月に改正厚生年金保険法が施行されれば5年内に解散、継続かのいずれかを判断しなければならないが、「その根拠となる政省令の中身がわかるのではないか」と期待する声も聞かれていた。しかし、「解散一辺倒だった国の反応が、違った制度へのシフトを促すトーンに変化した感じを受けた」と説明会に参加した関係者の一人。タイムリミットのギリギリまで、英断を下せそうにない状況が続いているようだ。
 

海コン業界 書面化で過剰サービス 危険作業にもつながる

【その他】
2013年8月22日 18:16
truck3_0812.jpg 運送契約の書面化問題で、海コン輸送業界では過剰サービスがドライバーに課せられているとして問題視されている。全港湾関西地方本部や阪神支部などの労働組合では、海コン部会や事業者に対して要請文を送付するなど、運送契約の書面化に注意を呼び掛けているようだ。
 

遺品整理限定で一廃許可 北海道帯広市が全国初

【その他】
2013年8月 9日 11:17
 北海道帯広市が遺品整理業務限定で「一般廃棄物収集運搬許可」を出していたことを6日、遺品整理士認定協会(木村榮治理事長)が公表した。遺品整理限定での許可は全国で初めて。今後は他の自治体にも広がるものと見られ、「遺品整理」の事業化を目指すトラック運送事業者にとって朗報となりそうだ。
 

車庫二重登録防ぐ手段なし 運輸局の審査を通過

【その他】
2013年8月 7日 21:27
 別のトラック事業者によって、すでに認可を受けて使われている車庫用地。その用地を対象として、さらに別の事業者が車庫申請をしたところ、運輸局の審査が通過してしまったケースがあったことが分かった。
 

ミッシングリンク解消を 多く存在する未整備道路

【その他】
2013年8月 5日 19:50
kousoku_0805.jpg 全国の高速道路は「高速自動車国道の供用中延長は7895km、事業中延長は1533km」(国交省道路局「道の相談室」から)とある。しかし、ミッシングリンクと呼ばれる未整備部分も多く存在する。物流にとって重要な高速道路だが、産業全体の競争力を高めるためにも重要なインフラだけに、ミッシングリンクの解消を求める声は多い。
 

共同点呼「Gマーク」外れる 委託事業者側の要件緩和

【その他】
2013年8月 2日 11:43
gmark_0805.jpg 国交省は7月30日、受委託点呼に関する通達を発出、委託事業者側の要件を緩和した。これにより、Gマーク取得の難しい事業所でも一定の安全基準をクリアしていれば、深夜・早朝の点呼を委託できるようになる。国交省が、事業者や業界団体から寄せられたパブリックコメントの結果を受けて、より使いやすい制度とするために緩和した格好だ。