PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

兵庫陸運部「監査総合情報システム」第三者に閲覧許可

【その他】
2014年7月31日 19:27
daicho_0728.jpg トラック運送事業者ら情報が蓄積される「運送事業者監査総合情報システム」に収められた事業者ごとの台帳を、運用規定がないまま神戸運輸監理部兵庫陸運部が第三者からの閲覧請求に応じて閲覧させていたことが分かった。また、請求によって出された文書には、出元の役所名が表示され、一定の信憑性が発生するかのような形式がとられている一方で、事業所のある県内の営業所名しか外見上は確認できないような作りにもなっている。見た者が、その内容を信じ切ることができない文書を規定もなく閲覧させていることに、情報管理のあり方が問われている。
 

中元・歳暮、薄れゆく日本の風習 荷物量が年々減少

【その他】
2014年7月31日 19:23
 夏と冬、日本の風習として行われてきたお中元・お歳暮に変化が生じている。百貨店を専門に配送していた輸送事業に大きく影響が出ているようだ。奈良県で小口や百貨店配送を展開している運送事業者A社は、「毎年、夏になればお中元、年末になればお歳暮と、小口・百貨店配送でかき入れ時だった。以前は学生アルバイトを使って配送を行っていたが、ここ数年、そういった状況も減り、夏のお中元シーズンでもアルバイトを雇う必要がないほど荷物が減少している」と、変化を感じている。
 

バスから見たトラック 規制強化、運賃に差

【その他】
2014年7月30日 22:01
 運送事業はドライバー不足にありながら、なかなか運賃が上昇しない苦しい状況にある。一方で、「バス事業に関してはドライバー不足や規制強化などから、異常な運賃上昇にある」。運送事業とバス事業を展開する大阪府堺市の運送事業者A社は語る。
 

「外国人ドライバーは救世主となるか」人材不足解消対策

【その他】
2014年7月28日 22:09
gaikoku_0728.jpg 人材不足の解消策として最近、外国人ドライバーが増えているという。一方では「外国人がドライバーとして働くのは違法ではないか」という声も聞こえてくる。人材不足で悩むトラック運送業界にとって「外国人ドライバー」は救世主となるのか。
 

ドライバーの結婚事情 少子高齢化社会の中、現場の声は

【その他】
2014年7月16日 21:51
date_0714.jpg ドライバー不足が懸念されている運送業界だが、他の業界でも、人材不足は深刻な問題であることは言うまでもない。国力の一つの指標ともいえる人口。少子高齢化の中で、若者の結婚意識についての現状を追った。
 

インターネットの普及 頭の切り替えが必要か

【その他】
2014年7月11日 19:00
「インターネットが普及していなかった当時に通用したサービスが、いまでは完全に意味がなくなっていることを改めて感じた」と、岡山市で一般貨物運送を手掛ける還暦前の社長。燃料サーチャージも含めた運賃の交渉をするため過日、東京にある取引先を訪ねようとした際のこと。「長年加入していたものの、一度も使ったことがなかった某カードの会員特典を使おうと考えた」という。
 

なお「コスト優先」か 貨物運送と廃棄物 静脈の優良事業者選び

【その他】
2014年7月 9日 22:12
kousoku_0707.jpg 動脈と静脈に例えられることも多い貨物運送事業と廃棄物事業。ともに近年、厳しい法規制のなかでの過当競争が続いているが、貨物運送は事故防止による安全、廃棄物は適正処理による環境対策に秀でた事業者が生き残る時代となった。トラック事業のGマークと同様に、廃棄物業界も従来の優良性評価制度を発展させた形の優良産廃処理業者認定制度を平成23年からスタートさせているが、なかなか認定の取得に弾みがつかないのも実情。そうしたなかで優良事業者を後押しする〝さらなる一手〟として昨年、国は環境配慮契約法に基づく六つ目の契約類型として産業廃棄物の処理を追加。「価格に加え、環境性能も含めて事業者を選ぶ」というのが同法の趣旨だが、浸透度が低いこともあってか入札に参加した事業者からは困惑の声も聞かれる。
 

運送会社の地域貢献 業界のイメージアップに

【その他】
2014年7月 4日 18:40
 大阪市の運送会社では今年から、本社周辺地域の清掃活動を始めた。創業以来、本拠を置いてきた地域社会に感謝の意を表すのが目的。社員らが定期的に、交代で道路や歩道に落ちているゴミを拾い、地域の美化に役立てている。また、周辺の区内で最近、児童・生徒が見知らぬ人から声をかけられる事件が発生。勝手に写真を撮られたり、自宅まで後をつけられたりする事案も報告されているため、同社では地元小学校に通う児童らを犯罪や交通事故から守る活動もスタート。平日の登下校時に社員が交代で交差点に立って、地域の子どもらが犯罪や交通事故に遭わないよう呼びかけている。