PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

滋賀ト協の物流出前講座が始動 高卒人材の獲得へ

【その他】
2015年12月25日 17:24
truck4_1221.jpg 滋賀ト協(田中享会長)が展開する「物流出前講座」が動き出した。中途採用が主流だったトラック業界で、高卒人材の獲得に向け滋ト協が9日、滋賀県立八日市南高等学校(東近江市)で第1回の「物流出前講座」を実施した。今回の講座を通じて、生徒らがまずは「知る」ことで、就職先としてトラック業界を選択する実例が生まれることを期待するものだ。田中会長は「トラック運送業界はまだまだ伸びしろのある業界。皆さんのような若い潜在能力が必要」と、生徒に語りかけた。
 

自宅車庫の可否 ムダな移動時間と休息

【その他】
2015年12月21日 21:21
chusya_1221.jpg ドライバーの労働(拘束)時間をどう短縮するか...。トラック事業を手掛ける関係者に共通した切実な悩みだ。裏を返せば、現行法が求める時間管理を実運送の現場で実行する難しさを如実に表しているが、なかには解決への糸口として「自宅車庫」の可否に関心を寄せる事業者もいる。かねて「トラックの持ち帰り」として不法行為に分類されてきたものの、営業区域の撤廃によって6日間の〝出稼ぎ運行〟が合法化され、頭ごなしに違法と決めつけられなくなったのも確か。二つの運送会社の実例と、それに対する行政の見解などを取材してみた。
 

高まらない需要 特殊トレーラの荷物減少か

【その他】
2015年12月16日 15:37
 特殊トレーラや大量輸送が可能なウイングトレーラなどは、以前は台数の少なさや人手不足から車両の確保が困難だった。しかし、今年に入って物量の減少などからか、これら車両を保有する運送会社から仕事の確保を求める声が増えているという。
 

老朽化で静かに危機が進行する道路 予算減り人材も不足

【その他】
2015年12月14日 10:56
road_1214.jpg 国交省は現在、「大型車の通行適正化」に向けた動きを強化している。5月に方針が示され、11月には首都圏で大規模な「過積載」の取り締まりを首都高速道路や東日本高速、中日本高速と共同で実施した。この背景には、老朽化する道路のダメージを軽減させる目的がある。それほど国内の高速道路や一般道路橋などのインフラが老朽化しているのだろうか。「静かに危機が進行している」という老朽化について、関係者に話を聞いた。
 

繁忙期も物量低迷 期待大きく裏切られ...

【その他】
2015年12月14日 10:50
 昨年の同じ時期と比較して燃料価格は大幅に減少したが、仕事量も大幅に減少しているため、一部運送事業者では昨年の繁忙期に比較して2割から3割程度売り上げが減少しているのではと話している。年末の繁忙期にも期待しにくいと感じ、深刻な不況が訪れるのではとの不安を持つ事業者も多い。
 

運賃に国が介入しない理由 タクシーとの比較

【その他】
2015年12月 7日 11:18
taxi_1207.jpg トラック運送業の99%を占める中小企業の多くが、荷主と交渉できるだけの競争力を持たないままに規制緩和が進んだ。経済の動向で多少の浮き沈みはあるものの、運賃は依然として低水準のままで、「かつては良かった」とタリフの復活を願う声、最低運賃制度を求める声も挙がる。望ましい運賃体系とは何か、公定運賃制度を導入しているタクシー業界と比較しながら考えてみたい。
 

物流施設を避難場所に 大規模災害の発生時

【その他】
2015年12月 4日 18:01
 阪神大震災や東日本大震災クラスの災害が発生した場合、物流機能が麻痺するだけでなく、多くの人間が被災者になる。その場合、物流施設が避難場所に指定されていれば、効率的な避難行動が可能となる。津波から命を守るために全国各地で「津波避難ビル」が指定・建設されている。東日本大震災直後の津波避難ビルの数は1876棟だったが、内閣府によると「全国で1万358棟(平成25年12月末)となっている。民間・公共の別は把握していない。数値目標はないが、被害が想定される市町村すべてに整備することが目標」としている。
 

信書便協会 伊東会長 新たな可能性へさらなる柔軟なサービス

【その他】
2015年12月 2日 16:40
ito_1123.jpg 特定信書便事業に関する法律が12年ぶりに改正、施行される。これにより1号役務では、送達できる書類のサイズは、従来の長さ・幅・厚さの合計が「90㌢以上」または「重さ4㌔以上」から、A3判相当の「73㌢以上」へと緩和されるほか、3号役務でも、最低料金が「1000円以上」から「800円以上」へと引き下げられる。信書便という物流分野で、一層柔軟なサービスの提供が可能となる。特定信書の事業者数は平成25年度末には400を超え、今後一層の増加が見込まれる。