PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

トラック年金基金 解散未認可6基金 3基金はすでに事務局閉鎖

【その他】
2016年7月28日 17:01
0728.jpgかつて全国に35あったトラック年金基金だが、すでに三つの基金が解散作業を終えて事務局を閉鎖している。本紙が得た最新情報では、ほかにも7基金が今年度中に清算結了して事務局を畳む方向で進んでいる様子。また、六つの基金は現時点で厚生労働大臣による解散認可さえ受けていない状況だが、1基金を除いては年度内の認可取得を予定。一方、すでに認可を受けている26基金の作業状況にもバラツキがあり、国の記録との突き合わせに苦労するケースも見られる。通常解散なら残余財産の分配額、特例解散の場合は運用損となる最低責任準備金の不足納付額が「事務局閉鎖が見えた段階でほぼ確定」(事情通の一人)となるようで、加入員とすれば複雑な思いもある。
 

不在リスクを減らす細かな時間指定 環境負荷低減も

【その他】
2016年7月27日 16:59
 運送事業者にとって、軽油価格や運賃のように「昔の方が良かった」と思うものの一つに「時間指定」も含まれるだろう。配達に幅のあった昔と違って、いまでは分単位で指定されることも珍しくない。一般貨物以上にシビアになっているのが宅配。アスクルが8月からスタートさせる「Happy On Time」では、顧客が1時間単位で配達時間を指定できる。ドライバーへの負担が大きくなるばかりだが、意外なメリットもあるという。
 

熱中症対策は万全に 荷待ち時間中に死亡者も

【その他】
2016年7月22日 15:04
0722.jpg 7月に入り、気温が35度以上の「猛暑日」は12日までで9日間を記録した。厚労省によると「報告された熱中症入院患者数」は7月1日から11日までの間、9日を除く連日報告されており、その数は既に91人。アイドリングストップを求められることが多くなったトラックドライバーの健康管理はどうなっているのか。熱中症対策について調べてみた。
 

気付けば高額リースに 内容確認、しっかりと

【その他】
2016年7月20日 17:32
0720.jpg 企業にとってパソコンやファクス、電話など取引先との連絡用の通信機器は重要で、どの会社でも設備を整えているが、支払いが楽で便利な方法を探し、少しでもコスト削減に努めるのが経営者だ。しかし、それを逆手にとり、高額な請求をされていて、気づけば高額なリース料を長年支払わされていたという経営者も少なくない。
 

保有台数多い運送事業者 荷主からアプローチ

【その他】
2016年7月12日 16:18
 人材不足の影響で、運送事業者も台数を減車し、荷主企業の仕事を断るケースも増えている。しかし現在、そういった動きとは逆に、荷主企業の方から保有台数の多い運送事業者に対してアプローチするケースもあるようだ。
 

商標登録 他人が同じもので登録出願

【その他】
2016年7月 8日 15:12
0708.jpg 「宅急便」や「飛脚便」「クロネコヤマト」など、運送事業者のなかにも社名などを商標登録している会社は少なくない。商標制度は「商標を保護することにより、使用者の業務上の信用の維持を図る」のが目的だが、最近では自身の商標が他人に登録出願されてしまうケースが続出しているという。これらのほとんどが、手数料を支払わないなど手続きに瑕疵のあるものだという。運送業界に関係する商標も例外ではない。 
 

大ト協海コン部会総会 役員改選で異議申立て

【その他】
2016年7月 7日 14:43
0707.jpg 大ト協海コン部会(池辺祐一部会長)は6月24日、大阪市のスイスホテル南海大阪で総会を開催。平成27年度事業報告と決算、同28年度事業計画と予算について審議し、原案通り承認した。しかし、任期満了に伴う役員改選については、執行部の一部役員に留任案が示されたことから、ある団体が執行部の役員1人に対して留任ではなく退任を求めて文書を配布し総会会場で異議申し立てを行った。
 

関運協、組合員がETCで不正通行 カード追加発行1か月停止

【その他】
2016年7月 6日 17:11
0706.jpg 関東運送事業協組(角田正一理事長)は6月23日、組合員のETCコーポレートカードの不正使用により、カードの追加発行(増車、新規)で中日本高速道路東京本社から「1か月の停止処分」を受けたと発表した。
 

リコージャパン 物流の現場に貢献 IT点呼キーパー導入

【その他】
2016年7月 5日 16:34
 リコージャパン(東京都港区)は、物流業界へのアプローチを強化している。「リコー」といえば、コピー機をはじめオフィス用機器のイメージが強いが、現在は「オフィスだけじゃない」をキーワードに、ソリューション提案を強化。顧客の業種ごとに切り分けた事業部制に移行し、その一環として、物流・運送事業者向けにもメニューを充実させている。
 

警察に6時間拘束 少量のガスボンベ積載で 専門家も「初耳」

【その他】
2016年7月 1日 17:02
0701.jpg  大阪南部で建設機器や資材などを専門に輸送する運送会社A社は6月下旬、岡山県水島市へ建設機材などを輸送した。輸送先は建設現場のため、近くのコンビニで待機するように指示された。しばらくして配送許可の連絡があったため、直ちに現場に向けて走り出したが、500メートルも走らないうちにパトカーから停止するよう求められたという。
 

「強気な経営と待遇改善を」全ト協通常総会

【その他】
2016年7月 1日 16:42
 全ト協(星野良三会長)は6月30日、第92回通常総会を開催した。開会にあたり、星野会長は熊本地震について触れ、「全ト協が災害対策基本法に基づく指定公共機関として指定されて以降、初めて政府からの要請を受け、緊急物資輸送にあたった」として、出動台数の報告と協力会員事業者らにお礼を述べ、「熊本県知事や市長から、震災で発揮した機動力と、迅速に取り組んだトラック輸送の重要な役割についてお褒めの言葉をいただいた」と話した。