PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

多発する未払金トラブル 請求は1人500万円前後

【労務問題】
2017年8月 4日 12:18
 ちまたに広がっていた「過払い金の返還訴訟が片付けば、その先は残業未払いがターゲットだろう」という憶測が、トラック運送業界でも現実のものになっている。退職した後だけでなく、在籍したまま未払い分を請求する例も多く、その金額は1人当たり500万円前後が目立っている。労働時間問題の指摘を受けて就業規則や賃金規程を改める事業者が増えているが、家族的経営の小規模・零細の現場では細かなルールを文書化していないケースも少なくなく、それがアダとなって訴訟に発展している。一方、「やられっ放しというわけにはいかない」と構える経営者のなかには最高裁の判断を引っ張り出し、逆にドライバーへ損害賠償を提示する姿もある。
 

求人のコツ 求職者の声に探る

【労務問題】
2017年8月 4日 12:17
 「求人票を出したのに全く連絡がない。ドライバーを増やしたいが、連絡がなければどうしようもない」と話すのは名古屋市の事業者。人手がどうしても必要となる業界である以上、こうした事態は避けたい。今回は求職者が、どのような求人に反応を示すのか、各所で話を聞いた。
 

残業代求め訴訟相次ぐ 名前だけの「管理職」でトラブル

【労務問題】
2017年8月 4日 12:16
 大阪府と奈良県で進学塾を運営する企業が、講師らスタッフの大半を取締役に就任させ、残業代を払わなかったとして訴訟が相次いでいる。登記簿上の取締役は6月現在、約400人だという。同社は複数の訴訟で、講師らとは労働契約を結んでおらず労働基準法上の労働者ではないと反論し、講師らは取締役への就任を承諾したと主張している。残業代を払わず、長時間労働を強いるために労働者を「管理職」とする問題が、2008年ごろから外食産業やサービス業で表面化した「名ばかり管理職」問題。運送業は規制の適用を5年間猶予されるものの、残業の「年960時間(月平均80時間)」の上限規制で、名ばかり管理職が増加する懸念がある。
 

「違法な条件」エサに引き抜き 業者間のトラブルに

【労務問題】
2017年7月21日 09:18
慢性的なドライバー不足に苦しむ運送業界だが、ここにきて運転者の引き抜きが目立つようになってきているという。しかも、ドライバーに違法な手段で長時間労働させる条件を提示するなど、なりふり構わぬ引き抜き方法を採る運送事業者も出てきている。ドライバーも、その「甘言」に乗る者も少なくなく、違法手段を運送事業者に迫るものまでいるという。怒り心頭の運送事業者に、ドライバーの引き抜きについて話を聞いた。
 

健康診断で「要再検査」 就業拒否できるか?

【労務問題】
2017年7月21日 09:17
 「ドライバーからの訴訟リスクがあり、簡単に従業員を解雇できない」と話すのは、愛知県の運送事業者。人手不足が慢性化している物流業界だが、それでもすべての人材が事業者の目にかなう訳ではない。しかし、不当解雇として提訴されるリスクから、解雇をできないケースも少なくない。今回は入社後の健康診断で異常の所見があったものの解雇させられずにいた結果、交通事故を発生させた事案について調査した。
 

人材雇用に専門機関の力 自衛隊やハローワークなど

【労務問題】
2017年7月 7日 12:18
 物流業界の人手不足は、いまだに解決の糸口を見いだせないでいる。タイヤや燃料価格の高騰など経費も増加の兆しを見せる中にあっては、無料で利用できる求人窓口を利用したり、専門家から求人のアドバイスを受けることも選択肢の一つとなるかもしれない。今回は求人窓口の利用方法や、求人にまつわるアドバイスを受けられる機関について話を聞いた。
 

人材教育 質の高いドライバー確保へ

【労務問題】
2017年6月30日 17:19
 運送事業者にとって、最も大切なものはトラックを運転するドライバーだ。人手不足に悩むのも、質の高いドライバーを確保することの難しさの裏返しでもある。未経験のドライバーを雇って教育を徹底する会社もあれば、同じドライバーでも地場から長距離に変更させる「ジョブチェンジ」に力を入れる事業者もある。教育の方法は各社さまざまで、正解というものはない。今回、ドライバー教育に力を入れる4社に、その方法と考え方を聞いた。
 

人材不足背景に増長か ドライバーが経営者に無理難題

【労務問題】
2017年6月30日 17:18
 労働者よりも経営者の立場が強い、というのが常識的な考え方だが、運送業界では通用しなくなってきている。慢性的な人材不足を背景に、その状況を踏まえたトラックドライバーが、経営者側に対して横柄な態度に出てくることが珍しくなくなっているというのだ。大型免許を取得しているものが少なくなっている上に、トレーラで必要な牽引免許や危険物輸送する上で欠かせない資格など、すぐに人材の確保できない業界では、経営者側に無理難題をふっかけてくる事例も出てきている。
 

企業価値を決める 各社の情報漏洩対策

【労務問題】
2017年6月23日 18:13
 インターネットやスマホなどの普及により通信環境が整備されたことによって、大量の情報やデータを集めて発信することが容易になった。一方で、個人や企業の権利と利益が侵害される危険性も高まっている。企業にとって、利用者の個人情報は大きな財産であり、重要機密でもある。個人情報の取り扱いには細心の注意を払わなくてはならない。企業情報もそうだが、特に個人情報の漏えいや流出は、発生すれば企業にとって計り知れないダメージとなってしまう。個人への賠償はももちろん、企業としての信用が一気になくなってしまうからだ。しかし、企業による個人情報の漏えいや紛失事故は相次いで発生、その規模も大きくなっている。個人情報の取り扱いが今後も、拡大していくことが予想されるため、情報漏えい対策が、これまで以上に重要となる。
 

ネット通販拡大 負担増す宅配運転者

【労務問題】
2017年6月16日 20:08
takuhai.jpg 買い物をする際、スーパーやコンビニ、百貨店などを使わず、パソコンやタブレットから購入するという消費者が増えている。総務省によると、4月のネットショッピングの利用所帯は32・9%(前年同月比6%増)となっており、支出額は1か月9566円。ネットを利用して注文した所帯だけを見ると月2万9119円となる。食料品などをネットで購入する消費者が増加を続けており、今後ますます宅配事業者の負担が増していくことは確実になっている。