PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

悪い会社に集う? 求職ドライバーの思い

【労務問題】
2017年12月15日 12:17
 いい会社に人が集まり、そうでない会社から従業員が去っていくのが当たり前の光景とすれば、その逆パターンに陥っているともいえる現在のトラック運送業界は異常なのかもしれない。多くの事業者がドライバー不足に頭を痛めるなか、10台ちょっとのトラックで経営者一族もハンドルを握る近畿地方の事業者は「1人でいいのに3人が雇ってほしいとやって来る。新車は時間がかかって間に合わないから、とりあえず中古車で対応している」という。こうした例は同社に限らず各地で散見されるが、そのなかには行政当局からすれば〝いい会社〟とは呼べないケースもある。ただ、それらの事業者は労働時間が現在ほどうるさくなるまでは「普通の運送会社」だったのも確かだ。
 

人材確保、小型車も厳しく 既存ドライバーの負担増

【労務問題】
2017年12月15日 12:16
 運送会社にとってドライバーは、なくてはならない存在。仕事があってもドライバーを確保できないため、車両が車庫で遊んでいるケースが非常に多いようだ。今までは大型トラック、トレーラは資格を取得するのに数十万円の免許費用が必要とされていたため、免許取得費用などを負担する運送会社も多く、一部では普通免許さえ取得していれば大型ドライバーの育成を行ってきたが、最近では普通免許取得者も少ないのか、2㌧車や4㌧車でのドライバー確保も厳しいようだ。
 

副業容認の影響は 「長時間労働に拍車」を危ぐ

【労務問題】
2017年12月 1日 11:18
 厚生労働省は副業・兼業の推進に向けて、モデル就業規則を改定させる方向を示した。先月に開催された「柔軟な働き方に関する検討会」で出されたもので、「労働者の順守事項における副業・兼業に関する規定(許可なく他の会社等の業務に従事しないこと)」を削除して、「労働者は勤務時間外において他の会社等の業務に従事することができる」と改定する考えだ。モデル就業規則に法的拘束力はないが、多くの会社が利用しており、副業・兼業を認める会社が増加するとみられている。従業員の長時間労働にも影響すると考えられることから、反対する意見は少なくない。物流業界への影響について調べた。
 

運転者不足の福音となるか 外国人材受入れ見直し検討

【労務問題】
2017年11月24日 12:17
 日本商工会議所(三村明夫会頭)は16日に開いた常議員会で、「今後の外国人材の受け入れのあり方に関する意見」をとりまとめた。年々増加する外国人労働者の受け入れについて「抜本的な検証・見直しを行う必要がある」と主張。現在、法律で禁じられている「単純労働」分野も視野に「より開かれた受け入れ体制」の構築を求めている。
 

荷物にタバコのにおい ドライバーの喫煙

【労務問題】
2017年11月 3日 12:17
 「街を掃除していて、一番多いゴミは、いまも昔もタバコの吸殻」という話を、ボランティア団体の職員から聞いたことがある。国民全体の喫煙率は減少傾向にあるが、物流業界の喫煙率は他業界に比べて高いというデータもある。一部の消費者からは「宅配された荷物にタバコのニオイがついて困っている」という声が消費者センターに寄せられているという。大手運送事業者では、ドライバーの喫煙に関して、どのように考えているのだろうか。
 

ドライバーの家庭内不和を防ぐ 家族から「仕事への理解」得る

【労務問題】
2017年11月 3日 12:16
 「子どもや妻が自分の仕事を、運転するだけの仕事と思っていて、苦労を分かってくれない。楽でいいねと言われたこともある」と話すのは三重県の運送会社でドライバーを務める男性。家庭を支えようと尽力している人材は、会社から見ても頼もしいが、そんな人材が家庭内で、こうしたシチュエーションに遭遇していては、モチベーションを維持できない。ドライバーの家庭内不和や仕事の理解不足を防ぐ方法はないのか。原因と対策を家庭問題の解決や児童の健全育成に取り組む公益財団法人家庭問題情報センター(FPIC)名古屋ファミリー相談室の事務局長である後藤良一氏に話を聞いた。
 

ドライバー逃亡 免許取得後、借金そのままに...

【労務問題】
2017年10月13日 12:18
 「本質的に悪い人間でないと思っていたし、以前勤めていた時は、こんなことをする人ではなかった。しかし、こんなことになっては、彼の何を信じればいいのか分からない」と話すのは三重県の運送事業社長。同社には、免許取得代金のほか、生活費など合計約100万円を会社から立て替えられていたドライバーAがいた。しかし、Aは今、借金をそのままに逃亡している。
 

SNSの効果 若い人材確保に整備は必須

【労務問題】
2017年10月13日 12:17
 「若い求職者は会社の情報を、インターネットを使って調べる傾向がある。若年層の人材を求めるのであれば、今はHPや会社ブログの整備は必須」と話すのは愛知県のフリーWebデザイナー。また同県の別事業者も「ドライバーはネットを使って求職活動を行うケースが大半。だからネットを活用し、自社情報を発信していく必要がある」とし、また「HPを見て営業をかけてくる荷主もいる。荷主側も情報は欲しい」と話す。実際にネットの情報発信がもたらす恩恵はあなどれないものがある。
 

「事業承継」各社の取り組み 課題はさまざま

【労務問題】
2017年10月 6日 19:01
 団塊の世代が70歳を迎え、中小企業の経営者の多くが数年の間にリタイアを考えているといわれている。だが、身内に会社を継ぐ意思がない、任せられる人材がいないなど、中小企業の経営者は事業承継問題に直面している。事業承継を行った運送事業者では、どのように事業継承を進めてきたのだろうか。親族内承継や役員や従業員の親族外承継を行った事業者に話を聞いた。
 

まだまだ狭い? 女性活躍の場

【労務問題】
2017年9月29日 12:16
 近畿2府4県に本社を置く大企業と中小企業3805社を対象に行われた女性登用に対する意識調査で、女性社長の会社では、役員に占める女性比率が38・0%だったのに対し、男性社長の会社ではわずか8・5%にとどまったことが明らかとなった。女性の管理職比率では、女性社長の会社では21・8%に対し男性社長の会社が5・8%と低かった。女性の管理職がいない企業は51・8%で、業種別では、運輸業における女性管理職の割合は5・4%に満たなかった。