PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

元ドライバーが返金要求 事故で負担した免責分10万円

【労務問題】
2011年8月31日 20:09
truck3_0829.jpg ドライバーが会社を辞めてから、労基署に未払い賃金や解雇に対して不服を申し入れる事案が多く発生している。大阪府の運送会社では、事故を多発するドライバーに対して、「大きな事故を起こす可能性が高い」と判断し乗務禁止を命じたところ、本人から退職願いが提出された。その後、何の問題もなく退職したように思われたが、半月が経過したころ労基署から呼び出しを受けて、「退職したドライバーから事故に対しての免責分、約10万円を支払わされたことについて、違法行為との申し立てがあり、事情を聴きたい」との内容で、同社社長は書類を持参して訪れた。
 

業界給与が減少傾向に 運賃低迷、コスト増の影響受け

【労務問題】
2011年8月30日 20:34
truck2_0829.jpg 「いい人材を物流業界に集めたい」という意見は、業界が抱える大きな課題の一つだ。しかし、「拘束時間の割に給与が少なすぎる」という意見も多い。運送業界の給与の現状を見てみた。
 

運送業は格好のターゲット 未払い賃金に不安募る

【労務問題】
2011年8月24日 18:48
truck4_0822.jpg 従業員が退社後、数週間以内に突然、労基署に未払い賃金を求める訴えを起こしたり、労働組合や弁護士を通じて未払い賃金を求めるなどのトラブルがここ数年で増加。このため、長時間労働が当たり前とされる運送事業者は、未払い賃金を求める業種として格好のターゲットとされているようで、たとえ円満退社であっても不安を抱く経営者も多いようだ。
 

後継者不在で事業継続あきらめ...

【労務問題】
2011年8月24日 18:42
 8月に廃業することを決めた神奈川県の運送事業者。長年、経営を続けてきたが、やむを得ず事業継続をあきらめた。理由は後継者の不在だった。
 

円満退社のはずが弁護士から封書 恩を仇で返すドライバー

【労務問題】
2011年8月22日 19:59
truck2_0822.jpg ドライバーのためだと思ってやった親心が裏目に出てしまい、労働審判を申し立てられてしまった運送事業者。中小・零細企業が圧倒的に多い運送業界にあって、経営者らは、自身が苦労して経営してきただけに情け深い人が多い。だが、その情けを逆手に取る行為が目立ってきているのが事実。ドライバーと経営者の間にトラブルが頻発している。ドライバーに訴えられた事業者は、「はらわたが煮えくり返る思いだが、同時に飼い犬にかまれることは、本当に辛いことだ」と吐露している。
 

防ごう「パワハラ」 立場弱いトラックドライバー

【労務問題】
2011年8月 3日 20:02
 「仕事は怒鳴られて覚えるものだ。会社内には『鬼軍曹』の声がいつも響く」「大切な荷物を預かる以上、従業員には厳しく指導する。オレもそうやって指導されてきたが、いまでは感謝している」──。運送業界ではこのように考える事業者は少なくない。しかし、そういった考え方は「パワハラ」と紙一重だ。