PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

未払い残業代巡りトラブル 就業規則、雇用契約、給与明細整備を

【労務問題】
2012年10月24日 09:46
truck2_1022.jpg 各地で、トラック事業者の「未払い残業代」を巡るトラブルが発生している。運輸行政の罰則基準には敏感でも、労基法には疎い経営者のスキをついて、数千万円から数億円という巨額の請求をしてくる悪質なケースが増えている。「就業規則、雇用契約、そして給与明細。この三つをきちんと整備しておかないと、思わぬ事態を招く」と専門家は指摘する。
 

労働時間改善したが... 退職者続々、仕事の負担増に

【労務問題】
2012年10月23日 11:44
 労基署から労働時間の問題を指摘された運送事業者。労働時間の見直しで給料が減り、ドライバーが次々と退職。残ったドライバーの負担が増えてしまったと頭を抱えている。
 

コンプラ経営目指したが... 方針転換に反発する古参幹部

【労務問題】
2012年10月 5日 20:37
 腐ったみかんの処理を間違えば会社の存続もままならない。かといって、そのまま放っておくこともできない。そんな悩みに苦しむ事業者がいる。行政の監査体制や罰則強化が及ぼした影響によるものだが、コンプライアンス経営を目指そうと取り組み始めた矢先の問題に、事業者はいま、難しい選択を迫られている。
 

労働時間削減で辞めたドライバー 法令無視の会社に転職

【労務問題】
2012年10月 4日 14:54
 労働時間の管理の徹底が求められているトラック業界。ただ、仕事量のセーブや交代勤務など工夫を凝らし、労働時間の削減に取り組む事業者がいる一方で、削減は無理だとあきらめ、これまでの長時間労働を続ける事業者も多い。埼玉県の事業者は、コンプライアンスの徹底から労働時間の削減に取り組んだ1社だが、その結果、依願退職を慰留できず、優秀なドライバーを失うこととなった。そして、そのドライバーが向かった先は、法令順守とは程遠い同業他社だった。