PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

パワハラを防ぐ 「業務の適正な範囲」とは

【労務問題】
2013年5月31日 11:41
 「教育」と思っていたものが「パワハラ」だった。行き過ぎた指導がパワハラと考えると、どのように社員教育すればいいのかわからなくなる。ここでは「何をしてはいけないか」を知ることで「パワハラ」を防止する一歩としたい。
 

未払い賃金請求 まだまだ続くトラブル

【労務問題】
2013年5月27日 11:37
 過払い請求が弁護士により行われ、この問題もほぼ解決した矢先、次に弁護士が問題視したのが残業代の未払い請求だ。特に拘束時間の長い運送事業者では数年前から、残業賃金の未払い請求が裁判で争われるようになり、中には元従業員3人で数千万円を請求されるなど、運送会社にとっては他人事とも思えない事態が発生している。
 

社会保険事務所の委託受け 民間調査会社が訪問

【労務問題】
2013年5月23日 16:38
 厚生年金や社会保険の加入・支払いを巡り、行政や社保事務所が連携して情報を交換し、加入の徹底を図っている。そんな中、「社保事務所の委託を受けて立ち入り調査に来た」と、民間会社の人物が大阪府和泉市の運送事業者を訪れた。
 

高齢化時代の健康管理 サポートしてくれる新サービスも

【労務問題】
2013年5月20日 20:03
sa_0520.jpg 「70歳を超えたドライバーが5人になった」と、広島県の運送会社の幹部。岡山県の事業者も「70歳のドライバーが出てきたことで、65歳からの1年更新に加えて、70歳からは半年ごとに雇用契約を交わしている」(社長)という。国が求める65歳への定年延長が、若年層の労働力不足に悩むトラック運送業界にとって低いハードルになるなら皮肉な話だが、こうした状況で企業に求められるのはドライバーの健康チェックの徹底化。それをサポートする画期的なサービスも誕生しそうだ。
 

人材確保・育成方法あれこれ 「里親制度」や「怒らない」

【労務問題】
2013年5月10日 12:45
 労働集約型産業の典型とも言えるトラック運送事業で、人材確保・育成は長年の課題とも言える。さらに中型免許の新設もあって、若年層のドライバー離れも出てきており、運送経営者にとってドライバーの確保は最重要課題になりつつある。しかし、人材確保・育成の重要性は運送会社だけに限ったものではない。他産業ではどのように克服しているのだろうか。