PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

入社のきっかけは「あこがれ」 20代ドライバーアンケート

【労務問題】
2013年8月30日 12:58
anketo_0902.jpg トラック業界は少子高齢化に加え、若者の車離れが進んでいるという指摘もあり、若年者の人材確保が困難で、現場ではトラックが遊んでいるという事態に陥っている事業者も少なくない。こうした中、弊紙では首都圏の運送会社で働く20代のドライバーに意識調査を実施。入社したきっかけやドライバーになった理由など、20代のドライバーが何を考えているのか調べ、若年ドライバーの今の姿を追った。
 

支払い明細に要注意 時間外手当と歩合給確認を

【労務問題】
2013年8月28日 17:26
truck3_0826.jpg 世間一般の事務職と異なり、荷主などの都合に合わせて動く物流の現場では、就労時間、特に時間外手当などについて、度々問題が浮き彫りとなる。しかし物流業界に限ったことではなく、不動産業、ホテル業でも同じような問題が起こっており、昨年8〜10月にかけて3件の賃金支払いの判決が言い渡された。結果、時間外手当を支払っていたにも関わらず、支払い方法に不備があったため、会社側は膨大な追加支払いが課せられている。時間外手当、歩合給の支払い方法について再確認が必要なようだ。
 

ドライバーはツライよ 追い打ちかけるペナルティー

【労務問題】
2013年8月19日 20:55
lift_0812.jpg 長時間にわたる待機と、そのシワ寄せを食う格好で休憩を後回しにして、荷下ろし地へと急ぐ毎日――。ただでさえ過酷な労働環境に身を置くトラックドライバーだが、さらに追い打ちをかけるのが荷主や元請け事業者からのペナルティー。実運送の現場から聞かれる信じられない苦労話は枚挙に暇がないものの、改善の兆しどころかエスカレートするムードさえ漂う。
 

日本陸送協会初の内部調査 労働時間極めて長く

【労務問題】
2013年8月 7日 21:30
rikuso_0805.jpg 日本陸送協会(佐々木良一会長)は会員を対象に初めて実施した「陸送事業実態調査」の結果をまとめ、7月末、全国9支部に配布した。「価格競争による値下げ」の横行や、全産業と比べ、「労働時間が極めて長い一方、給与・賞与が少ない」など多くの問題点が浮き彫りになった。運送業界で同一業種の団体による、こうした内部調査は極めて異例。陸送協会では今後、厳しい業界の状況をデータに基づき「関係団体や荷主」に訴え、陸送業者だけでは改善できない課題の解決を目指すという。