PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

税務署と社保事務所が連携か ドライバーの収入減額の可能性

【労務問題】
2013年12月24日 20:34
truck4_1216.jpg 大阪市のある運送会社。「労基署と運輸局が連携しているが、今後は税務署と社会保険事務所も連携して、違法行為があれば是正してくると、担当の税理士が話していた」と明かす。同社では違法行為はないものの、過去にドライバーの給与を固定で20万円程度にして、それ以外の収入についてドライバー個人から会社に請求をさせて、請求してきた分を個人に支払うという方法で、社会保険料などの支払いを抑えていたと説明する。
 

人材引き抜きの温床に 共同点呼でドライバーが元請けに転職

【労務問題】
2013年12月18日 20:31
 truck3_1216.jpg 共同点呼(受委託点呼)の制度が11月1日から導入された。同制度の導入で夜間や早朝における点呼が可能となり、事故防止に重要な役割を果たす点呼の完全実施が期待できるが、運送事業者の反応はさほど盛り上がっていない。グループ会社同士での共同点呼は有効に機能するとの見方がある一方で、まったくの同業他社となると懐疑的に捉えるところもある。運送会社の中には、「共同点呼は人材引き抜きの温床となる」と話し、共同点呼を委託することで自社の運転者が奪われる可能性を懸念しているところもある。
 

賃金低下や高齢化が浮き彫りに 運輸労連アンケート

【労務問題】
2013年12月13日 18:10
 運輸労連(東京都千代田区)はこのほど、全国各地でトラックドライバーを対象にアンケート調査を実施、その結果をまとめた。運輸労連加盟組合以外のドライバーを対象に行った今回の調査では、ドライバーの高齢化が進み収入が全体的に減少傾向にあることがわかった。
 

会社の秩序を守るため 素行悪いドライバーを解雇

【労務問題】
2013年12月12日 18:00
 おカネを稼げる魅力がなくなり、求人を出しても人材が集まらない運送業界。真面目に働いていたドライバーも会社の厳しい労働条件が分かれば労基署に駆け込み、未払い残業代など多額のおカネを請求してくるというケースもよく聞く。大阪府の運送事業者は、車両台数15台で長距離輸送をメーンに手がけている。年々給与改革や全線高速道路を使用するなど職場環境改善に努めていた同社は今年、1人のドライバーを解雇した。
 

女性の雇用に消極的な運送業 体力面、育休...厳しさ変わらず

【労務問題】
2013年12月 4日 22:13
josei_1202.jpg 運送業で働く女性の積極的な活用は、全体の28.7%。厚労省がこのほど発表した2012年度の雇用均等基本調査によると、運送業では女性の能力発揮促進のために企業が行う積極的な取り組み「ポジティブ・アクション」を「今のところ取り組む予定はない」の59.3%を大きく下回る結果となった。
 

内容賛同も社名答えられず 労組アンケート

【労務問題】
2013年12月 2日 10:05
 労働時間問題や未払い賃金、雇用契約に対する不備など様々な不安を抱える運送事業者では、「労働組合」に対して異常な反応を示す。こんな中、某労組が全国の運送会社に毎年、アンケート調査を実施しているが、そのシーズンになると何件かの運送事業者から「労組から通知が来て、当社に対してアンケートに答えるようにと送付されてきた。これは何かあるのか」と聞かれる。