PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

ドライバー不足でも人選は慎重に 同業他社からの転職希望者が...

【労務問題】
2014年10月31日 19:20
 4㌧や2㌧車などを保有する運送会社では、現在の普通免許で運転できる総重量5㌧未満の車両を購入し、ドライバー育成に取り組んでいる。しかし、大型車やトレーラのみしか保有していない重量物や鋼材、海コン輸送業者ではドライバーの育成は困難のようだ。大型やトレーラ免許を取得しているドライバーの採用を懸命に行っているが、なかなか人材の確保は厳しいようで、同業他社から転職してくるドライバーは面接の段階で断るケースもあるという。
 

大型・トレーラ輸送消滅? 困難なドライバー育成

【労務問題】
2014年10月30日 18:25
 大阪市住之江区の扇町運送(成田暢行社長)や高槻市のネクスト(石黒登社長)では、ドライバーの育成に注力しており、小型車の仕事を探し、専用の総重量5㌧未満の車両を導入するなどして、懸命に中型・大型車のドライバー育成に取り組んでいる。一方、大型車やトレーラを専門に輸送を行う運送会社では免許取得者の採用しかできず、ドライバー育成にはなかなか取り組めない現状を語る。
 

受動喫煙の防止努力義務化 喫煙率高い運送業界 各社の対応は

【労務問題】
2014年10月22日 19:55
tabako_1020.jpg あるトラック運送事業者が、業界について「運送会社は社内・社外にかかわらず、どこでもタバコを吸っている。業界のイメージがあまり良くないのは、こういうところに表れているのかもしれない」と指摘する。一般的に喫煙率が高いといわれる運送業界だが、かつて受動喫煙にまつわる訴訟が起こった例や、受動喫煙防止の努力義務化が来年6月までに施行されるなど、これまで真剣に考えられていなかった喫煙に関して、今後の対応が求められてくる。
 

未払い残業代請求 3年にわたり裁判、請求額の1割で和解

【労務問題】
2014年10月20日 19:21
 大阪府下に本社を置く運送A社は、ドライバー4人から約7500万円の未払い残業代の請求で訴えられ、何度となく和解案を提示したが、話し合いは平行線のまま約3年が経過した。しかし先月末、大阪地裁で長い争いに終止符がようやく打たれた。
 

交代制導入も... ドライバー不足で逆戻り

【労務問題】
2014年10月 9日 20:01
 現場管理の徹底化が難しいといわれるトラック運転者の労働時間だが、なかでも頭を痛めるのが長距離運行のドライバー。山陽自動車道下り線の篠坂PA(岡山県)で休憩していた一宮ナンバーの大型車ドライバーによれば、「うちの会社は去年の夏ごろから一時、中間地点でドライバーを交代させる仕組みになった」と話す。
 

燃料切れで車両ストップ ドライバーからの請求に怒り

【労務問題】
2014年10月 8日 20:51
 東京都内の事業者では先日、同社ドライバーがトラックで配送中に燃料切れを起こした。当然、エンジンはストップ、そのままでは動かないので、業者を呼ぶ羽目になった。そしてその後、同ドライバーはその業者を呼んだ経費の精算を求めてきたという。
 

評価制度でモチベーションアップ ドライバー有効活用の工夫

【労務問題】
2014年10月 6日 20:10
 限られたドライバーを、いかに有効に活用するかは運送事業者のテーマの一つと言っていい。ドライバーのモチベーションを上げる工夫の一つとして、「ドライバーの評価制度」がある。ドライバーコンテストなどの外部の表彰という形での評価制度もあるが、入賞者のほとんどが大手運送会社のドライバーという現状をみると、99%の中小事業者が、うまくこの機会を活用できるとは考えにくい。それでは、多くの事業者では、どのような評価制度を採用しているのか話を聞いてみた。
 

2トン、4トンの魅力薄れ... 帰って来ないドライバー

【労務問題】
2014年10月 2日 17:52
 北海道の運送業界関係者は、道内のトラック業界の業況について「消費増税前の駆け込み需要時に車が足りなくなり、配送が滞った現場があちこちで出たことで潮目が変わった。ここで荷主と話をし、運賃の値上げをしっかり勝ち取った所と、出来なかった所との差が出ており、とりわけ増税後の買い控えの反動が来た今年度前半は、この差が顕著になった」と捉えている。
 

予想外の反応に驚き 応募者増えた求人方法

【労務問題】
2014年10月 1日 17:39
 「なかなかドライバーが採用できないが、ある文言を求人募集に加えたら予想外の反応だった。次々と応募があって驚いている」と岡山県西部に本拠を構える運送会社の社長。しかも、場合によっては国から補助金までもらえるようで、「困っている同業者に知らせたい」と連絡が入った。