PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

労使間トラブル 未払い賃金の請求も原因わからず混迷

【労務問題】
2015年4月30日 17:11
truck5_0427.jpg 会社にとって労使の協調は重要で、経営者と社員がお互いのことを考え、相乗効果で会社も繁栄していく。しかし最近では、経営者が社員のことを考えていても、社員は関係ないといったように、会社には何ら原因がないにも関わらず、未払い賃金の請求や労組加入などの労務トラブルが発生するケースも多いようだ。
 

4トンドライバー募集で応募殺到の理由

【労務問題】
2015年4月22日 19:41
 「求人を出しても反応がないという声を聞いていたが、一度の求人で10人を超える応募があり、いい人材を採用できた」と話す千葉県の事業者。
 

絵本の読み聞かせで社会的地位の向上 ドライバー不足解消へ

【労務問題】
2015年4月20日 19:38
ehon_0420.jpg ドライバー不足は深刻化する一方だが、いまだにトラックドライバーと言えば「3K」の代名詞のまま。社会的地位の向上は何十年も前から叫ばれているが実現されていない。トラックドライバーは社会にとってなくてはならない仕事ということを、もっと周知する必要がある。子どものうちから絵本などで「トラック」に親しんでもらい、トラックは怖くないということを知ってもらうことが、将来のドライバー不足を解消させる一つの方法にはならないだろうか。
 

「稼ぎたい」ドライバーの要望に企業組合設立検討

【労務問題】
2015年4月16日 16:00
 長距離運行、歩合制を今まで行ってきた運送事業者では、ドライバーが頑張れば頑張るほど収入が増えるとして事業を展開してきた。しかし、社会的規制の強化などもあり、走れば走るほど儲かると言った形が取れなくなった。しかし、ドライバーが経営幹部に対して「なぜ走らせてくれないのか」「なぜ頑張らせてくれないのか」と、不満を漏らすケースもあるようだ。
 

避けられるドライバー職 事務員・作業員は人気だが...

【労務問題】
2015年4月15日 17:55
 大阪市住之江区に本社・倉庫を構える運送会社では新卒を採用し、1日に入社式を行った。新卒者は事務員枠で、大学や高校卒業者が多数。さらに、同社の倉庫や構内作業員、同管理者は中途採用だったが、30人を超えるほどの応募があった。希望人数が上回ったため選考となり、「良い人材ばかりで悩みながら採用した」という。しかしその後、選考から漏れた人材に対してドライバー職はどうかと持ちかけてみたものの、ドライバーでの採用には至らなかったという。
 

賃金体系「歩合制」から「月給制」に 残業賃金を年間の平均で

【労務問題】
2015年4月 9日 17:52
 運送事業者では歩合制を採り入れているところが多いが、歩合制には残業賃金が含まれていないケースが多く、大まかな賃金体系で明文化されていなかったり、従業員と協定書を締結していないという事業者も多い。そのため、労務問題に発展した場合、大きなトラブルになることもあるようだ。
 

ドライバー採用最前線 やはりネックは「運転免許」による制約

【労務問題】
2015年4月 6日 19:54
driver_0406.jpg ドライバー不足が顕著になっているが、長時間労働と、それに見合う賃金が得られないというイメージが広がっており、その影響は深刻だ。とはいえ、トラックの仕事がやりたいという若者がいないわけではない。そこで問題となるのは、やはり運転免許による制約。たっぷりと時間をかけて教育し、中型(大型)免許の取得費用も会社が面倒を見られるような状況なら別だが、かねてトラック事業は即戦力を求めてきた業界。しかも転職率が高い職種だけに〝持ち逃げ〟される可能性を想定し、免許取得のサポート体制も中途半端になってしまうのが実情のようだ。
 

大型しか稼げない? ドライバーの給料事情 平均賃金下落傾向

【労務問題】
2015年4月 6日 19:51
 「昔のトラックドライバーは儲かった」とは、よく聞く話だ。大阪府の運送事業者も「規制が厳しくなって、稼ぎたいけど働けないという状況に陥ってしまっている」と漏らす。今では産業別に見ても「稼げない」職種となってしまっている運輸業だが、なぜ、このような状況に陥ってしまったのだろうか。
 

有給休暇の強制取得 実運送業界の反応は?

【労務問題】
2015年4月 2日 18:21
truck5_0323.jpg 労働者に対し、年5日分の有給休暇を強制的に取得させることを企業に義務付ける法改正の作業が進められているが、実運送業界での受け止め方は企業規模によってマチマチという感じ。数百台のトラックを抱える西日本地区の運送会社。特積み事業者でもある同社の総務系の幹部は「この商売は相手あってのもので、メーカー企業のようにはいかない面がある。現在は飛び石連休の間に有休を当て込むことで長期休暇にするなどしているが、この先の対策を考えないといけないと思っている」と話す。