PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

マイナンバー制度開始から1年 いまだ意識低い事業者も

【労務問題】
2016年12月21日 17:53
1221.jpg 今年1月から、社会保障・税・災害対策の行政手続きで使用が始まったマイナンバー制度。開始から1年が経過したが、実態は広く認知されているとは言い難いようで、年末調整が始まって会社が従業員に提出を求めた際、「マイナンバーなんか持っていない」というドライバーが今になって出てくる運送会社もあるようだ。
 

働き盛りのドライバー 休みより「賃金」優先

【労務問題】
2016年12月13日 17:11
 ドライバー不足を口にする運送事業者は多いが、事業者の中には順番待ちをするドライバーがいるほど、人材確保には困っていないところもあるようだ。大阪府高石市在住のドライバーAさん(36歳、妻子あり)は以前、海コン・雑貨のトレーラ輸送のドライバーとして運送会社に勤めていたが、賃金低下を理由に退職した。
 

さらにいい条件求め数日で転職していくドライバー

【労務問題】
2016年12月 8日 15:49
1208.jpg トラック運送業界は慢性的なドライバー不足だ。各運送会社ではドライバー確保のための取り組みを行っているが効果は望めず、ドライバー不足でも仕方ないと諦める運送会社も多い。運送会社に話を聞くと、最近はドライバーを確保しても、「合わない」という理由で1週間ほどで辞めてしまい、別の運送会社へ面接を受けに行っているという。
 

大型でも「手取り25万円」以上は困難

【労務問題】
2016年12月 7日 17:11
1207.jpg 労働時間の短縮や低い運賃、車両購入費や修繕費の高騰―。運送事業者はコストアップ要因が多く、利益を上げるにも困難な時代におかれている。「ドライバー確保のために、他社よりも賃金を高額にしたいが難しい」と、苦しい現状を話す事業者もある。
 

悪質ドライバーの処遇 即懲戒解雇が裏目に...

【労務問題】
2016年12月 6日 18:25
1206.jpg 運送事業者にとって良い人材を採用し、育成することは、今後の成長に大きな影響を及ぼすだけに最重要ともいえる課題であるが、その一方で、会社の存続さえ危ぶまれかねない悪質ドライバーを、いかに雇用せずに排除するかも重要な課題だといえる。「悪貨は良貨を駆逐する」―。悪貨の蔓延を逃れるためには、悪貨を入れなければいいが、人材不足の中では決して容易ではなく、どうしてもリスクは高くなる。もし悪貨が混ざってしまったらどうすればいいのか。言えるのは、「せいては事を仕損じる」であって、必要なのは「急がば回れ」の慎重な対応である。