PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

北海道新幹線 鉄道貨物への影響は

【政治・経済】
2010年12月22日 19:10
sato_1220.jpg 東北新幹線の八戸─新青森間が4日に開通し、2015年には北海道新幹線新函館駅までの開通が予定されている。札幌までの延伸は未定だが、この北海道新幹線について北海商科大学の佐藤馨一教授は「道内の貨物輸送体系全体に大きな問題が発生することは明らか。近い将来、北海道は『新幹線』か『鉄道貨物』かの二者択一に直面する可能性がある。農水産物の販売にも悪影響が出る」と懸念する。
 

運革議連が設立総会を開催

【政治・経済】
2010年12月16日 11:00
 運輸物流改革議員連盟(運革議連)の設立総会が7日、衆議院第一議員会館で行われた。運革議連は自民党の国会議員で結成され、トラックドライバーの過酷な労働条件の改善を主な目的としている。総会には国会議員や国交省の貨物課長、厚労省担当官、報道陣、関係者ら計60人が詰め掛け、立ち見の出席者も出るほどの熱気に包まれた。呼び掛け人の松浪健太衆議院議員は「我々は一点突破、現場のドライバーの労働条件改善。正直者がバカを見ない業界にしていく」と訴えた。
 

運輸物流改革議連が発足 自民党「過酷な労働実態改善へ」

【政治・経済】
2010年12月 6日 18:12
matsunami_1213.jpg 自民党に「運輸物流改革議員連盟」が誕生した。若手の国会議員が中心となり「トラック産業に係る適切な経済的環境の創出を目指す」という。会長には安倍晋三改造内閣で国交副大臣を務めた平井卓也衆議院議員(比例代表四国ブロック)、幹事長に松浪健太衆議院議員(同近畿ブロック)、事務局長には三原順子参議院議員(比例区)がそれぞれ就任。7日に開く設立総会で正式に決定する。仕掛け人は同党厚生労働部会副部会長で、厚労大臣政務官を務めたこともある松浪議員。「ドライバーの過労死」に着目し、「法体系、産業構造に政治のメスが必要」と主張する松浪氏に話を聞いた。
 

交付金「直接配る仕組みに」 民主党トラック議連が方針固める

【政治・経済】
2010年12月 6日 18:10
 民主党トラック議員連盟の石井章事務局長(衆議院議員)は11月30日に会見を開き、「今後は党を挙げて『運輸事業振興助成交付金』のあり方を見直す。知事の裁量で減額するなど許されないことで断固反対。国から直接、各都道府県トラック協会に配るようにしたい」と述べた。
 

エコポイントで活況する家電配送 傭車が集まらない理由

【政治・経済】
2010年12月 3日 17:30
 省エネ家電の購入を促すエコポイントが半減される12月を前に、活況を呈した家電量販店の駆け込み需要。家電を扱う運送事業者はフル稼働で、年末までこの状態が続くと予想される。しかし、自社トラックでは間に合わない各社が協力業者を探すものの、なかなか見つからない。荷動きの低迷で仕事を探している事業者が少なくない中で、ミスマッチな現象が起きている。