PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

実運送基本法法制化を明言 運革協合同会議で松浪議員

【政治・経済】
2011年8月25日 13:34
matsunami_0822.jpg 運革協(八田廣實会長)は13日、理事会及び合同会議を開催。昨年、結成された議員連盟「運革議連」の幹事長を務める松浪健太衆議院議員が、業界の多層構造を是正するための「実運送基本法」(仮称)の法制化について明言した。建設工事の丸投げを禁止する建設業法になぞらえたもので、取扱事業を規制していく法案の成立に取り組んでいくことを打ち明けた。
 

「高速無料化」で運賃値下げ ずさんな支援策に怒り

【政治・経済】
2011年8月25日 13:29
 東北地方高速無料化制度を目的外利用する営業車両が問題視されているなか、栃ト協海上コンテナ部会の部会員A社に荷主から電話が入った。「無料になった高速料金分の運賃を値下げしてほしい」。約400キロメートルの距離を2日に1便、自動車関連部品を輸送するA社。高速料金は別設定ではなく運賃の中に含まれており、A社の自助努力で吸収していた。荷主は新規開拓で得た顧客で取引期間は浅かったが、売り上げの約20%を占めている。A社では「高速料金は運賃の約8%。支払うはずの額を引くだけなので利益は変わらないが、無料化終了後も、なし崩しで運賃を下げられる可能性は高い。今は強要ではなく口頭での〝お願い〟なので保留しているが、今後強要してくれば立場上、要求を飲まざるを得ないだろう」と話す。