PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

民法改正で約款どうなる? 経済界は反発

【政治・経済】
2013年4月 5日 11:40
hikkoshi_0408.jpg 「現代化と透明性向上」を目指して現在、民法の大改正作業が行われている。明治29年(1896年)以来、全面的な改正はなく、判例で形成された多くのルールが現行民法の条文に反映されていないという。改正では現在、全く規定のない「約款」について定義付けし、諸規定を創設する方針だが、経団連などは「消費者保護に偏重」「自由な商取引を阻害する規制強化」などとして国の改正作業開始以来、一貫して反対の姿勢を崩していない。運送業界に馴染み深い「約款」はこれからどうなっていくのか。