PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

大田産業、破産手続き開始決定受ける

【倒産問題】
2014年5月28日 12:03
 大田産業㈱(資本金4000万円、滋賀県栗東市、代表大田隆之氏)は5月28日、破産手続き開始決定を受けた。
 負債は2億4100万円。
 

牧野運輸が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2014年5月28日 12:02
 牧野運輸㈲(資本金300万円、岡山市北区牟佐80─1、登記面=和気郡和気町衣笠1039─2、代表牧野敏之氏)は5月26日、岡山地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人には池田曜生弁護士が選任されている。
 負債は約1億594万円。
 

北河内急達運輸と北河内物流サービス、自己破産申し立てへ

【倒産問題】
2014年5月28日 11:59
 北河内急達運輸㈱(資本金2000万円、大阪市都島区片町1─8─16、登記面=枚方市津田元町2─54─5、代表前野操氏、従業員60人)とグループ会社の北河内物流サービス㈱(資本金1500万円、同、代表中川力氏、従業員30人)は、5月22日までに浅倉晋作弁護士ほかに、自己破産申し立ての手続きを委任した。
 負債は北河内急達運輸が2013年8月期末で約25億8300万円、北河内物流サービスが2011年1月期末で約2億7500万円、2社合計で約28億5800万円。なお、仕掛り中の配送業務に関しては、一部営業しているところもある。
 

成幸物流、破産手続き開始決定受ける

【倒産問題】
2014年5月22日 09:13
 ㈲成幸物流(資本金700万円、滋賀県長浜市勝町359、代表川上俊幸氏)は4月30日、大津地裁長浜支部から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は川瀬新也弁護士。
 負債は約7800万円。
 

南陽事業を停止

【倒産問題】
2014年5月22日 09:11
 ㈱南陽(資本金1000万円、長崎県諫早市貝津町1204─39、代表津上健治氏、従業員90人)は7日までに事業を停止し、事後処理を山口宏弁護士に一任した。
 負債は現在精査中だが、約10億円が見込まれる。
 

コスモ物流とシーネットが破産手続き開始決定

【倒産問題】
2014年5月22日 09:08
 コスモ物流㈱(資本金5000万円、東京都日野市旭が丘2─41─1、登記面=同八王子市片倉町1357─183、代表根本正巳氏)と、関係会社の㈱シーネット(資本金1000万円、同、代表根本峰子氏)は7日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は鈴木周弁護士。 
 負債は2013年3月期末時点で約1億円。
 シーネットは、2002年7月に設立されたオフィス家具の運搬設置会社。実質的に当社と一体的に経営されていたため連鎖した。
 

倒産・廃業増で企業組合加入を求めるドライバーが増加

【倒産問題】
2014年5月16日 19:20
 燃料高騰や高速道路料金の割引廃止など厳しい状態が続く中で、運送業界では倒産や廃業が増加している。さらに、コンプライアンスが強化されたことから、個人償却制度を廃止する運送事業者もいる。こういった背景で、荷主は存在するものの自ら運送事業を行う資金力や人材もないことを理由としたドライバーらが、運輸企業組合に加入を求めるケースが増えていると言う。
 

エキスパートサービスが自己破産申請へ

【倒産問題】
2014年5月14日 13:07
 エキスパートサービス㈱(大阪府東大阪市御厨南3─2─31サクライ第1ビル2階)は13日、大阪地裁に自己破産申請の申し立てを行うと発表した。債務者の代理人は牧隆之氏。
 

TWIN STAR LOGISTICSが破産手続き開始決定

【倒産問題】
2014年5月14日 13:03
 TWIN STAR LOGISTICS㈱(資本金2310万円、東京都足立区新田2─9─32、代表田中克昌氏)は7日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は幸村俊哉弁護士。
 負債は債権者約120人に対し約3億3600万円。
 

丸山物流が債権者説明会を開く

【倒産問題】
2014年5月14日 13:00
 4月28日に民事再生法の適用を申請した丸山物流㈱(既報、資本金1800万円、大阪市港区弁天6─2─8、代表中尾武司氏ほか1人)の債権者説明会が1日に開催され、約200人の債権者が出席した。
 ■申立会社の資産・負債の状況
 【決算(帳簿価額)の概要(2013年3月末日現在)】
 資産総額...12億6400万円▽負債総額...12億6300万円▽純資産...900万円
 少なくとも3億円を超える資産の過大計上が行われていることが判明しており、これを修正した場合には約3億円の債務超過となる。
 また、破産を前提とする一般債権者への配当については清算価値での評価替え、未計上負債の計上、資産と負債の相殺処理などについての検討が未了のため、数値の算定はできていない。ただ、一般債権者への配当の実施は厳しくなるものと予想している。
 

シンセイ運輸が自己破産申請の準備へ

【倒産問題】
2014年5月14日 12:58
 ㈲シンセイ運輸(資本金500万円、鹿児島市南栄4─9─7、代表田中信一氏、従業員35人)は4月30日に事業を停止し、事後処理を馬場竹彦弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入った。
 負債は約1億5000万円が見込まれる。