PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

公私混同で経営危機 経営者は社員目線忘れずに 

【倒産問題】
2016年7月21日 16:56
0721.jpg 上半期の日本を賑わせた、政治家の「公私混同」問題。運送事業者の経営者にとっても他人事ではない。日常の業務にも「公私混同」と思われてしまうような要素は潜んでいる。社長業は孤独であると同時に、社員から誤解されやすい一面もある。経営者に公私混同の一面がみられれば、社員のやる気が下がり、社員が不正をはたらくようになる可能性もある。実際に、公私混同だった経営者がいたことで経営が傾きかけた会社もある。今回の例を他山の石として、日々の行動を見直す必要がある。
 

奥田工業と奥田工業運輸が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年7月20日 13:43
 奥田工業㈱(資本金5000万円、岡山県津山市加茂町公郷1855、代表奥田典子氏)と奥田工業運輸㈲(資本金2090万円、同市押入1219―2、同代表)は7月12日岡山地裁津山支部から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は杉原浩介弁護士が選任されている。

 負債は奥田工業が約5億円、奥田工業運輸が約2億円、2社合計で約7億円の見込み。
 

壽総業が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年7月20日 13:41
 ㈱壽総業(静岡県富士市、代表林壽弘氏)が破産手続き開始決定を受けた。負債は約9800万円。
 

物流チショウが自己破産申請へ

【倒産問題】
2016年7月20日 13:37
 ㈱物流チショウ(資本金2000万円、石川県能美市道林町ね14ー1、登記面=小松市上牧町ハ172、代表山田由子氏、従業員31人)は、4月以降本店業務である運送業の事業を停止した後、タイヤのリサイクル事業のみを継続して行っていたが、7月に入って事業の継続を断念し、事後処理を塩梅修弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入った。

 負債は約3億5000万円。
 

末広汽船が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年7月20日 13:31
 末広汽船㈱(資本金1500万円、広島県福山市沼隈町能登原1650―3、代表出口豊氏、従業員9人)は8日、広島地裁福山支部から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は神原宏尚弁護士が選任されている。

 負債は約7億円。
 

森田運輸が自己破産申請へ

【倒産問題】
2016年7月 6日 14:50
 4月21日までに事業を停止し、自己破産申請の準備に入っていた㈲森田運輸(既報、資本金1400万円、愛知県豊橋市明海町33―5、代表森寺永幸氏ほか1人、従業員25人)は6月24日、名古屋地裁豊橋支部から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は上野浩弁護士。

 負債は約5億3961万円。
 

雅運輸が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年7月 6日 14:41
 雅運輸㈱(資本金1000万円、東京都三鷹市牟礼5―8―34、登記面=小金井市貫井北町2―3―8、代表飯島威氏)は6月22日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は鵜澤亜紀子弁護士。

 負債は約2億6700万円。