PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

光進運輸が自己破産申請へ

【倒産問題】
2016年9月28日 10:42
 光進運輸㈱(資本金1500万円、栃木県小山市喜沢731―5、代表武田康之氏、従業員30人)は8月31日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。代理人弁護士は井合翼弁護士。

 負債は約3億8000万円。
 

丸栄輸送が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年9月28日 10:40
 ㈲丸栄輸送(資本金1650万円、富山県射水市今井70、代表山崎勝雄氏、従業員18人)は9月16日、富山地裁高岡支部へ自己破産を申請し、同20日に同地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は山田博弁護士。

 負債は金融債務を含め約1億2000万円。
 

ワスケが破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年9月20日 14:26
 ㈱ワスケ(静岡県浜松市中区、代表富永大介氏)は、破産手続き開始決定を受けた。負債は3200万円。

 

消えた免許の価値 廃業に悩む高齢経営者

【倒産問題】
2016年9月14日 18:55
0914.jpg 「あと2、3年のうちに決めないといけないと思っているが、ここまでやってきて何も残らないというのでは悲しい」と、中国地方でトラック事業を営んできた男性社長。後継者がいないことで80歳を引き際と考えており、それとなく取引先との会話のなかにも廃業をにおわせている。経営不振による撤退とは別に、後継者が見つからずに長年の商売を畳むトラック経営者も目につくようになった。その一方で、M&Aに積極的な中堅規模の運送会社や、「いいドライバーが少しでも残っているなら...」と老舗事業者の吸収を狙う次世代の経営者もいる。
 

丸照物流が破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年9月14日 09:32
 丸照物流㈱(資本金1000万円、千葉県市川市田尻2―16―7、登記面=東京都江戸川区篠崎町3―33―16、代表仲嶺眞榮氏)は9月7日、東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は高田泰彦弁護士。

 申請時点の負債は約3億9000万円。
 

イーコムが破産手続き開始決定

【倒産問題】
2016年9月14日 09:28
 8月26日に大阪地裁へ自己破産を申請していた㈱イーコム(既報、資本金3000万円、大阪市西区靱本町1―5―15、代表向井龍三氏、従業員40人)は9月6日、同地裁から破産手続き開始決定を受けた。破産管財人は葉狩陽子弁護士。

 負債は債権者79人に対し約2億3800万円。なお、債権額は変動する可能性がある。