PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

駐禁取り締まりに悩む 同じ配送先で2か月に3回も

【トラック】
2011年5月30日 12:55
 政令指定都市などでは警察の委託を受けた民間企業の取締員が二人一組となって、街の駐車違反を取り締まることで、迷惑駐車の多かった大阪でも駐車違反は急激に減少した。しかし、この民間委託の取り締まりに何度も遭い、思うような配送作業が出来ず、さらに運賃の低下で新たなコストをかけられる状態でないため、対応に苦慮している運送事業者も多いようだ。
 

経営環境厳しく... 淘汰が進む高速利用組合

【トラック】
2011年5月27日 11:08
 「1月と2月、5月、8月の利用金額が落ち込むのは例年のことだが、東日本大震災が発生して以降、トラック事業者の動きが大きく変わったこともあって、高速道路事業を手掛ける協同組合の台所事情もまちまち。なかには解散を検討するなど、深刻さが増しているケースもある」と異業種組合の関係者。政府が社会実験として無料路線の拡大や上限料金制を決めたり、それが大震災の影響で棚上げされる方向に変化したり...と、そのたびに試算を繰り返すなど対応に追われてきた組合の姿も見受けられる。
 

生産正常化はいつ? 新車トラックの納期、メーカーに聞く

【トラック】
2011年5月20日 13:30
 東日本大震災の影響で、新車トラックの納期が大幅に遅れている。納車の遅れで事業計画を見直す運送事業者もおり、いまやトラックの確保が懸念材料となっている。NOx・PM法で規制された車両の買い替えもできないため、国交省は同法について9月末まで、対象として定めた車両の特例的取り扱いを施行している。メーカーの生産も再開されてはいるが、今後の見通しは必ずしも明確ではない。新車を待つ運送事業者の一人は、この特例的取り扱いの延長も求めている。
 

納車のめどが立たない 事業計画に狂いも

【トラック】
2011年5月19日 17:50
truck5_0516.jpg 震災の影響でトラックの新車の供給が停滞している。新車を発注していた神奈川県の運送事業者は、納期は半年後とも1年後とも説明され、事業計画を見直さざるを得ない事態に陥っている。「トラックがなくて事業をストップすることも考えられる」と困惑する。
 

車両不足が深刻、盗難被害も急増 防犯対策はしっかりと

【トラック】
2011年5月17日 21:45
 東日本大震災の影響でトラックや乗用車がなかなか手に入らない状況が続き、中古車市場でも高額で取引されている。運送会社にも連日のように中古車買い取り業者からのセールスの電話がかかり続け、トラック不足が深刻化している。そんな中、大阪府岸和田市に本社を構え大型トレーラやトラックなどで住宅用などの材木を輸送する事業者は、「最近、車両の盗難が増えていることから、青空駐車場ではなくカギがかけられる場所に保管するようにした」と話す。
 

中古トラック商戦に精出す 新車は納期が大幅遅れ

【トラック】
2011年5月11日 21:30
 メーカー系のトラックディーラーが、中古車商戦に精を出している様子に出くわした。東日本大震災で部材工場が被災したことによる新車納期の遅れに加え、今年が年式の浅い中古車が品薄になる時期に当たることも影響しているという。