PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

普通免許で2トン車に 「うっかり」で無資格運転違反

【トラック】
2011年9月29日 15:22
truck4_0926.jpg 人材不足が続く運送業界だが、その原因の一つが中型免許制の導入によるもの。普通免許で総重量8トン車を運転できていたが、制度開始後は中型免許が必要となるものの、一部の運送会社では配車マンや経営者の誤解などから「うっかりした指示ミス」が発生し、自動車無資格運転などの違反につながるケースが増えているようだ。
 

専属傭車を拒む運送事業者 「スポット」が主流に

【トラック】
2011年9月26日 17:38
 安定的に稼働できるとして、専属傭車を好む運送会社が以前は圧倒的に多く、大型車以外はフリーやスポット傭車は行わないケースがほとんどだった。しかし最近では、4トン車はもちろん、2トン車など小型車でもフリーやスポット傭車での稼働を望む運送会社が増えてきているようだ。専属では1日の売り上げが低く、稼働日数が少ないことなどが原因で専属を拒む会社が多いという。
 

緑ナンバーのメリットは? デメリットは?

【トラック】
2011年9月 8日 16:50
 長い期間の「白トラ」を経て、数年前に営業ナンバーのトラック事業者になった広島県内の社長。すでに年齢も50歳を超えたが、「白から緑ナンバーになったことで車検(期間)や3か月点検のほか、点呼や社会保険など、とにかく宿題が増えた。自家用時代はやりやすかったし、しっかりと儲けもあった」と苦笑する。
 

同業者からの嫌がらせか 「リミッター解除」の通報

【トラック】
2011年9月 5日 19:03
 関西のある運送事業者が8月、大型トラックのスピードリミッター未装着の疑いで近畿運輸局から監査を受けた。装着していたにもかかわらず、「時速110キロで走行していた」と通報があり、不正改造の嫌疑をかけられた。同事業者はリミッターの性能検査を受け、疑いを晴らしたが、不正改造以外で時速90キロを超える走行は、速度の出やすい高速道路の下り坂が大半のようだ。関係者は、「通報は同業者からの嫌がらせでは」と見ている。