PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

車両の小型化進む 荷物小口化で大型需要低下

【トラック】
2012年9月20日 14:51
 物流業界でもっとも売り上げを上げる車両は大型車両だ。経費は小型車両よりも大幅にかさむものの、それ以上の売り上げがあり、過去にはトレーラの売り上げは1か月で300万円を超えていたが、時代の流れとともに様相は大きく変化してきたようだ。
 

車両代、土地代など資金工面で名義貸し

【トラック】
2012年9月18日 20:40
 運輸局による監査強化で、さまざまな違反により行政処分が行われている。しかし、名義貸しのためか車両に社名がなく、どこの運送会社かわからないものも多い。
 

自賠責保険再値上げへ 収支悪化で来年4月から

【トラック】
2012年9月14日 13:05
truck1_0917.jpg 自動車損害賠償責任(自賠責)保険の保険料が来年4月から再び値上げとなる。自賠責保険審議会は11年度に平均11・7%引き上げた際、13年度にも引き上げる方針を打ち出していたが、先月開かれた「今後の自動車損害賠償保障制度のあり方に係る懇談会」(落合誠一座長、中央大学法科大学院教授)で反対意見がなかったことから、来年の引き上げはほぼ確実となった。収支の悪化が理由だが、自動車安全特別会計の積立金から一般財源に「貸し出し」している6000億円強は放置されたままで、「これを有効に使えば保険料値上げは必要なくなるはず」との声も出ている。
 

無保険トラックの恐怖 国交省は自動車保険契約状況確認を

【トラック】
2012年9月11日 20:28
truck2_0910.jpg 「トラック運送事業を監督する立場であるなら、厚労省の仕事(社会保険の未加入問題)をやる前に、まずは本来の業務を(国交省は)こなすべきではないのか」と怒り心頭の運送社長。同社の大型トラックが過日、自動車の任意保険に入っていない営業ナンバーのトラックと交通事故を起こしてしまった。「旧知の同業者が任意保険に加入していないことに驚いたが、そんな状態でも続けられるトラック事業のデタラメぶりにも驚かされる」とぶちまけている。
 

長距離は避ける傾向に 中距離で利益重視

【トラック】
2012年9月11日 20:23
 現在の運賃は基準があってないようなもので、大型トレーラの1か月の売り上げは100万円前後と、認可運賃時代では考えられない状態。運賃の下落は給与の下落となり、働き手が少なくなっている。大阪市で鋼材やコンテナを中心に輸送する運送会社では、大型トレーラによる鋼材輸送では走行距離2000キロで70万円、4000ー5000キロで120万ー150万円、そして1万キロでようやく180万ー200万円の売り上げに達すると話す。
 

韓国のシャシーが国内の公道走る 自動車部品輸送で今秋から

【トラック】
2012年9月10日 19:52
 日韓の二つの港を往来する国際フェリーを使うことで、韓国内で現在登録されている事業用車両が今秋、日本国内の公道を初めて通行する。日本通運と韓国の「天一(チュンイル)定期貨物自動車」が実際の運行を担うことなどが、国交省によって7月に発表されている。日本の事業用車両による韓国内通行はすでに10年以上前から認められていたが、韓国からの事業用車両は「安全性・公害防止」の観点から認められてこなかった経緯がある。だが、今秋の初運行に際して何ら日本国内の法改定は行われていない。逆から見れば法の運用だけで車両の車種についても、あるいは国際フェリーの乗り入れのある国ならば、どこの国とでも相互乗り入れが可能ともとれる措置で、「法を運用する国交省を監視することが必要」といった見方が出ている。