PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

利率30%で契約 悪徳リース会社に手を差し伸べられ

【トラック】
2013年3月14日 14:15
truck3_0311.jpg 新規参入する運送事業者は今も少なくないが、元手である事業資金がないところは資金繰りに苦労しているのが実情。信用も実績もなく、金融機関から融資を受けられず、リースも通らない事業者の中には、悪徳リース会社から暴利をむさぼられているところもあるようだ。
 

個人トラック容認にも 「運行管理者制度強化」情報が錯綜

【トラック】
2013年3月 4日 19:31
truck2_0304.jpg 運行管理者制度の強化に関連した情報が錯綜している。選任時講習の義務化や、現在は5台以上で1人となっている運管者の選任ルールを「1台以上」に変更することが検討されているが、それらに加えて「経営者が運管者を兼任できない」「実務経験による資格取得は廃止されて運管試験に一本化される」といった噂が、まことしやかに流れている。一方、台数規制の引き上げを求めてきたトラック事業者の間では、運管者の選任義務が「1台以上」に引き下げられることを、「5台割れ事業者の存在を認めることになり、ひいては個人トラックを容認することになる」と警戒する声がある。省令の改正作業がズレ込んでいることで、さらに風評が増幅しているようだ。
 

道路法改正法案 運送事業者の負担増必至

【トラック】
2013年3月 1日 11:52
truck1_0304.jpg 3月上旬、国交省が国会に提出する「道路法等の一部を改正する法律案」は、特殊車両の通行許可手続きの「迅速化」や大型車両の通行を高速道路などに誘導することでの「道路や橋の劣化防止」などメリットばかりが強調されている。実は、迅速化するのは国際海上コンテナ車両のみで一般のセミトレーラなどにあまり恩恵はない。むしろ前後の誘導車の配置厳守など監督体制の強化から、多くの事業者にとってはコストアップにつながることが分かった。
 

手前で減速のテクニック 軸重計対策、積み方にも注意

【トラック】
2013年3月 1日 11:47
 阪神高速道路では、道路の保全維持から料金所付近でのカメラ設置や移動式の軸重計による取り締まりを行っている。軸重違反は警告や摘発にも及ぶことから、運送事業者は軸重計に反応しないための努力、技術を身に着けている。