PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

平車にクレーン 不正に積載量稼ぐ事業者

【トラック】
2013年5月30日 15:06
 大阪市に本社を構える運送会社では、大手荷主建材メーカーの荷物を輸送しており、車両のほとんどはクレーン付きの車両で、繁忙期には傭車を利用することも多い。同社の総重量8㌧車(通称4㌧車)ではクレーン付きトラックであれば実質の積載量は2・5㌧から3㌧未満の車両が多いなかで、傭車の一部では3・5㌧など積載量が大幅に稼げるクレーン付き4㌧車も存在している。傭車先に積載量が稼げる理由について話を聞くと驚くような返事が返ってきた。
 

Gマーク未取得でも点呼100%実施 何らかのインセンティブを

【トラック】
2013年5月16日 14:21
 Gマークを取得しているものの、点呼が100%実施されていない事業所と、Gマーク取得こそないが、点呼を完全に実施している事業所とで、検討課題となっている「共同点呼」へのまなざしに差が見られる。点呼が実施され、それが完全に行われていることがGマーク取得の条件ではあるが、その条件を達成するために書式への記載を形骸化させている事業所がある一方、実質の安全運行を担保すべく費用を自助努力で賄う事業所があるなど、「安全」に対しての表と裏の行動や価値観が現行制度のなかで成立しているからだ。
 

Gマーク 独り歩きのステッカー 期限切れや「未認定」も

【トラック】
2013年5月13日 20:20
gmark_0513.jpg 「Gマーク」の申請(7月)を前に、今年も1日から資料の配布が始まった。3月現在、全国の1万8107事業所が認定を受けているが、認定事業所であることをアピールする一つのツールがGマーク・ステッカーだ。規定を満たすことでトラック事業者が独自サイズのステッカーを作ることも可能だが、使用上のルールを十分に理解していないための勘違いやトラブル、なかにはステッカーを張っただけの未認定事業者の存在も見られるという。