PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

年末の車両不足に備える「繁忙期の対策」例年より早めの傭車確保

【トラック】
2014年11月28日 19:27
truck1_1201.jpg 昨年末、急激に動いた荷物への対応で物流の現場では深刻な車両不足に陥った。事業者は高騰したスポット料金に沸く一方で、傭車確保のために利益度外視で仕事を依頼するケースも目立った。他方、荷主企業でも「基本的には孫受けまでしか認めていないが、そんなことを言える状況ではなかった」「あんなに車両が不足するのは初めてで、とにかくトラックが見つからなかった」というように、昨年末の車両不足は物流業界に強いインパクトを残した。あれから一年、今年もまた年末の繁忙期を迎える。今年の繁忙期はどのように臨むのか、対策が注目される。
 

新車低価格で事業者・中古買取業者困惑 現行車両在庫が低額で販売

【トラック】
2014年11月27日 18:50
truck3_1124.jpg 大型トラックは環境対策や安全性・快適性の充実などにより高額となり、大型ウイング車の標準タイプでも現在では1200万円前後となっている。しかし、一部の車両メーカーがモデルチェンジするとのことから、一部の現行車両の在庫が低額で販売されていることから、運送事業者や中古トラック買い取り販売業者では困惑しているところもあるようだ。
 

「白トラが増えた気が...」 自家用を装う手か?

【トラック】
2014年11月25日 17:06
 11月上旬の山陽自動車道・下り線。兵庫県内にあるSAで休憩していた京都ナンバーの大型トラックの男性ドライバーから気になる情報を入手。...というか、実は最近になって異変を感じていた部分の話だっただけに、裏付けを得たような気分でもあった。「白ナンバーが増えている気がする」。高速道路だけでなく、幹線国道を走行している白ナンバーの大型トラックを目にする機会が確かに増えたように思う。もちろんボディーに「〇×製作所」「△□産業」などと書かれ、荷主の自家用トラックというパターンもあるが、まったく〝無印〟のトラックも混在する。
 

注目集まる中国製タイヤ「大型で大幅なコスト削減」高まる信頼性

【トラック】
2014年11月20日 18:25
tire_1117.jpg 中国製タイヤは数年前から需要が高まってきており、最近では性能の向上などから導入する運送事業者も増えているようだ。海コン輸送では、トラクター1台に対してトレーラシャシー3台を保有するケースが多いため、毎日使わないシャシーもある。現在、中国製タイヤに目を付けて協同組合などで共同購入する運送事業者もあり、日本製タイヤと比較して1万円から1万5000円安いことから大規模な購入も行われるなど、中国製タイヤが注目されている。
 

東北ー関西間の輸送 数年前から1.5倍に

【トラック】
2014年11月14日 18:50
 東北では震災復興のための工事が進められているが、深刻な人手不足により、いまだ思うように進んでいないのが現状だ。しかし最近、復興関連の貨物以外の輸送も少しずつ増えてきているようだ。大阪府下の運送会社では、東北・福島までの輸送を荷主企業から不定期で依頼されている。しかし、同社でも昨今の人手不足や車両不足で、自車だけでは間に合わず傭車も求めている。しかし、なかなか見つからず、見つかっても運賃が上昇していることから今後、荷主との運賃交渉が進められるようだ。