PICK UP NEWS | 紙面からの注目記事をピックアップ

  • 倒産問題
  • 事故
  • 政治・経済
  • 行政処分
  • M&A
  • 燃料問題
  • 荷主トラブル
  • 労務問題
  • トラック
  • その他

オリンピックが影響? 特車申請、許可まで長期化

【トラック】
2017年12月15日 12:20
kokuritsu.jpg 申請から許可まで期間が長期化している「特車申請」。特殊車両を使用する運送事業者にとっては悩みのタネだが、オリンピック関連の工事の影響はあるのだろうか。「昨年に比べて今年は混雑している」という声が多い中、「オリンピックではなく、景気がよくなったのではないか」という意見もある。今回は関東圏の地方自治体を中心に「申請から許可までの期間」と「オリンピックの影響」について話を聞いた。
 

警察官が道路法に介入? 特殊車両トレーラの実態

【トラック】
2017年12月15日 12:18
 実質的な重量オーバーとは違い、「形式的」な違反を指摘される特殊車両トレーラの実態が本紙に複数報告されているなか、道路管理者によるものとは別に、警察官による形式的な違反の指摘が運送会社に対してなされていたことが新たに分かった。形式的な違反のなかには、けん引されるシャシーのナンバープレートが通行許可証に記載されていないという理由だけで問われているものもあり、取り締まる側の規則そのものの妥当性が問われている。警察官による今回の指摘も同様のものだ。トレーラ事業者の中には、「特殊車両の通行許可制度という道路法にまで警察官単独で介入してくるというのは聞いたことがない」とし、本来の法を逸脱した過剰な取り締まり側の反応があるのではないかとみる向きもある。
 

特車許可 地域によって期間に差

【トラック】
2017年12月 8日 12:20
torera1211.jpg 一定の大きさや重さを超える車両を通行させるには許可が必要。しかし、運送事業者からは「特殊車両の許可がなかなか下りない」という声を聞く。ルート配送の仕事ならまだいいが、スポットの場合、「許可が下りるまで半年ほど待ってください」では仕事にならない。対応に苦慮する運送会社だが、地域によってもその状況が変わってくる。各地の国道事務所に話を聞くと、申請から許可までの期間に差が出ているようだ。
 

配車業務は人? システム? 今後どうなる...

【トラック】
2017年12月 1日 11:19
 運送事業者にとって要となる配車業務。配車担当者は、高度な知識や経験が必要とされ、誰でも簡単に実施できる業務ではない。そうしたなか、経験者でなくても簡単に配車ができるソフトが開発され、それらの「配車管理システム」への期待は大きい。人手不足や労働時間の問題などがあるなか、運送事業者では配車業務を今後どのように行っていくのか、配車係の育成や「配車システム」に対する考えを聞いてみた。