COLUMN COLLECTION | 連載コラム

運送経営相談室

コヤマ経営・小山雅敬氏が経営者の疑問を解きます。

昭和53年大阪大学経済学部卒業
都市銀行入行。事業調査部、中小企業事業団派遣、シンクタンク業務に従事。 平成4年三井住友海上入社。中堅中小企業を中心に経営アドバイス、セミナー等を多数実施。 中小企業診断士、証券アナリスト、日本物流学会正会員 等資格保有。

第6回:事故防止について


 【質問】当社は安全管理に力を入れており、教育も実施しています。過去1年間、重大事故は発生していませんが、なかなか事故ゼロにすることができません。運送会社で無事故の推進に成功している会社は、どのような工夫をしているのですか?

2013年10月31日 19:25

つづきを読む

第5回:運送会社での班制度の作り方


 【質問】わが社ではこのところ、不注意による事故が続いており、対策を検討しています。安全講習は実施しているのですが、あまり効果が出ていません。運送会社が班制度を導入して事故の削減に成功していると聞いたことがあります。わが社でも班制度を作りたいのですが、その注意点や運用方法について教えてください。

2013年10月25日 13:53

つづきを読む

第4回:ドライバーのコスト意識を高める賃金体系


 【質問】当社は農産物輸送やスーパー配送が主要業務で、長距離、地場配送など多彩な勤務形態があります。近年、燃料費などのコストアップが経営を圧迫しているため、ドライバーに高いコスト意識を持ってもらいたいと思っています。現在、賃金体系の見直しを検討していますが、同業他社では、どのような工夫をしているのか教えてください。

2013年10月18日 11:52

つづきを読む

第3回:合理的な賃金支払い方法


  【質問】当社は大型車を中心にトラック40台を保有し、長距離輸送を行っています。ドライバーの賃金は10年以上前に作った「運行手当表」に基づき運行手当で支給しています。標準時間を適用して、みなし時間で時間管理していますが、近年、高速道路の発達などで実際の所要時間が合わなくなっています。全面的な改定を考えていますが、そもそも長距離ドライバーの賃金は、どのように支払えば合理的なのでしょうか?

2013年10月10日 19:16

つづきを読む

第2回:運送業の決算書の見方


【質問】地場中心に食品輸送を行っているトラック24台保有の運送会社です。最近のコストアップと売り上げ不振により2年間、赤字決算が続き、早急な経営改善を迫られています。まずは自社の現状分析から始め、適切な対策を検討したいと思います。運送会社の決算書の見方を教えてください。

2013年10月 4日 14:31

つづきを読む

1