COLUMN COLLECTION | 連載コラム

運送経営相談室

コヤマ経営・小山雅敬氏が経営者の疑問を解きます。

昭和53年大阪大学経済学部卒業
都市銀行入行。事業調査部、中小企業事業団派遣、シンクタンク業務に従事。 平成4年三井住友海上入社。中堅中小企業を中心に経営アドバイス、セミナー等を多数実施。 中小企業診断士、証券アナリスト、日本物流学会正会員 等資格保有。

第34回:指導記録票の意義と作り方


 【質問】 当社では不注意や怠慢で事故や問題行動を起こした社員に対しては、その都度、口頭で注意していますが、特段書面での提出はさせていません。今後、どのように対処するとよいのでしょうか。

2014年5月30日 11:40

つづきを読む

第33回:評価手当による品質向上の効果


 【質問】 賃金体系の見直しを検討しています。賃金体系の中に「評価手当」を入れる効果について教えてください。

2014年5月23日 11:27

つづきを読む

第32回:運送業の共同化に必要な視点


 【質問】現在、趣旨に賛同した同業者と共に共同配送の仕組みを研究しています。従来の協同組合活動の枠を超えて真に社会に役立つ仕組み作りをしたいと考えています。進めるうえでアドバイスがあればお願いします。

2014年5月16日 11:42

つづきを読む

第31回:パートや準社員との労働契約


 【質問】当社には1年契約の準社員とパート社員が約20人在籍しています。現在、採用時点で雇い入れ通知書を渡していますが、その後は自動継続扱いとして特段の手続きは行っていません。先日、業績を理由に、あるパート社員にやめてもらった際、トラブルになったため、契約書を整備する必要を感じています。どう進めていけばよいでしょうか。

2014年5月 9日 13:35

つづきを読む

第30回:運送会社の定年後継続雇用


 【質問】わが社では就業規則で定年を60歳としていますが、実際には定年後も引き続き働いている社員がいます。また、定年後の処遇について明確な基準がなく、特に書類なども取り交わしていません。運送会社の継続雇用制度について教えてください。

2014年5月 2日 11:18

つづきを読む

1