COLUMN COLLECTION | 連載コラム

射界 政治や経済、文化、歴史など、幅広い分野から現代社会に一石を投じる。様々な問題が生じる現代をどう生きるべきか、鋭い観点から示唆・提言します。

 説明責任という言葉が、よく使われる。公の重要な立場にある人が自らの言動について、世間の批判や疑いの目を向けられたとき、然るべき説明をして世間に納得してもらうよう努める。その意味では、公の立場にある人なら当然の義務であり、自らが開かれた姿勢を明らかにする、いいチャンスと歓迎すべきではなかろうか。

2010年6月25日 09:00

つづきを読む

 現在は情報社会。マスメディアをはじめ、インターネットを通じて各種多彩な情報が流れている。仕事の場に限らず、家庭にあっても簡単に入手できるので、うっかりすると膨大な量の情報洪水に溺れそうになっている。必要な情報を懸命に追いかけているつもりが、ともすれば情報に追いかけられているとも言える。

2010年6月17日 17:31

つづきを読む

 人間として生きるとは「美しい人間関係を生きる」ことにほかならない。生活するなかで多くの人と交わる。お互いが理解し合って良好な人間関係を築くのも人生なら、苦しめ合うのも人生だ。いがみ合い、憎しみ合う関係を「業(ごう)」とか「因縁」と言うが、そんな境遇にどう対処していくかで、その人の値打ちが決まる。

2010年6月 3日 14:21

つづきを読む

1